山下智久、亀梨和也に「救世主が現れた」 “Dancer”制作秘話明かす


歌手・俳優の山下智久が、日本テレビ系バラエティ特番『クイズ!その時スーパースターは?』(21:00~22:54)に、MC・亀梨和也の素顔を知る人物として、サプライズ出演する。

突然の山下の登場に、亀梨は「マジか!」、かまいたち・濱家隆一は「本物!?」と驚き。
さらに、バーチャルで登場する山下から亀梨に、ライブでしかやらないパフォーマンスをムチャブリする場面も。

そして2005年、『野ブタ。をプロデュース』で共演し、亀と山Pのユニットを結成した2人ということで、今回、山下が亀梨にピンチの時に助けられたエピソードを紹介する。

それは2年前、山下がソロアルバムを制作していた時のこと。締め切りまであと1日というのに作詞に行き詰っていた山下は、気分転換のために1人でバーに訪れた。するとそこで偶然にも亀梨と遭遇。ダメもとで亀梨に作詞の相談をすると、その場で協力を快諾、山下が悩んでいたところに亀梨がポジティブな要素を入れて曲を作り上げることができたという。

この時のことを山下は「切羽詰まっているときに救世主が現れた」と感謝。でき上がった曲「Dancer」の作詞者には亀梨の名前も入れられた。

そして2年前、山下がツアー最終日で「Dancer」を披露すると、ステージにサプライズで亀梨が登場。2人が協力して作った曲をデュエットし、会場のファンを沸かせたのだった。

また、番組では中学時代の貴重な写真を紹介しながら、山下だけが知る亀梨のプライベートでの意外な素顔も紹介する。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ