アンジャッシュ児嶋「騒動ネタ」は“渡部切り捨て”への始まりか?

アサ芸プラス

2020/6/26 05:59


 アンジャッシュ・児嶋一哉が6月23日、ツイッターを更新。不貞騒動で謹慎中の渡部建のネタをついに使ったことが、話題となっている。

同日、渡部の報道の影響で放送を休止していた冠番組「白黒アンジャッシュ」(チバテレ)の放送再開の初回(30日)にドランクドラゴンが出演することが発表。これにドランク塚地武雅が「なんか我々ドランクドラゴンが出ることがネットニュースになってたんですけど 何かあったんですかね?」とツイートしたことに児嶋が「あったわ! ネット見ろ!」と反応したのだ。

「渡部が謹慎に入ってから、児嶋はツイッターで“愛あるイジリ”を再三にわたり受け、それに返しはしていましたが、実際に騒動に触れた“返し”は初めて。すでに収録が済んでいるドランクとの共演となった『白黒アンジャッシュ』では騒動について触れ、今後の番組の方向性についてもトークが交わされたといいます」(テレビ誌記者)

これにネットでは〈中嶋さんには頑張ってほしい〉〈渡部の件に触れるってことは、アンジャッシュの解散はないってことか〉〈どんだけ優しいんだよ大嶋さんは〉など、イジリながらも児嶋を称賛する声が相次いでいる。

「ただ、児嶋としても渡部の件は芸人として触れざるをえず、世間の嫌悪感を呼ばない程度で笑いにしておかなければ今後の仕事にも支障をきたす状況。児嶋は渡部の代役として出演したラジオ番組『GOLD RUSH』(J-WAVE)で、渡部に対する“公開説教”からさらに踏み込み、『僕に対する態度も振り返ればダメですよアイツは。お前、なんで人が傷つくようなことを平気で言うんだと、思いやりが、愛がない』『人間、そんな簡単に変われるものではない』などと断罪している。もともと不仲とされる2人の関係の溝は深く、この時も積もり積もった恨み節を言い放ったようにも聴こえました。はたして今後、アンジャッシュの復活があるのかどうか、疑問ではありますね」(芸能ライター)

いずれにせよ、渡部の復帰は相当先であることは確かだ。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ