子どもの登下校や運動時にマスクは不要? 夏の熱中症リスクと感染予防対策

All About

2020/6/25 21:15

新型コロナウイルス感染症対策のため子どももマスク着用が促されていますが、夏の登下校や運動時のマスクは熱中症リスクを伴います。大人よりも体温が高く喉の渇きも自覚しにくい子どもは特に注意が必要です。

夏の登下校、子どもにマスクはつけさせるべき?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、多くの子どもがマスクをつけて学校生活を送っているようです。しかし、気温が上がるにつれ、登下校中や体育の授業などのマスク着用は、子どもの体に負担にならないか、気になるところでしょう。

ここではマスクの感染予防効果と、夏場に子どもがマスクを使う場合の注意点、適切な感染予防法について解説します。

夏のマスクの注意点……子は大人より体温が上がりやすく、渇きも自覚しにくい

新型コロナウイルス感染症は、夏もなくなるわけではなさそうです。感染経路は飛沫感染と接触感染が中心ですので、これらのリスクを下げる工夫が引き続き必要になるでしょう。マスク着用は飛沫感染による感染拡大予防にも、病原体のついた手でうっかり顔を触ることによる接触感染予防にもなりますので、感染対策として有効といえます。

しかし夏特有の注意点もあります。夏は特に呼気からの体温と水分の喪失がマスクによって妨げられるため、マスクをつけることで体温が上がりやすくなる可能性があります。本来なら上がった体温は、汗が蒸発することで下げることができますが、汗が蒸発しにくくなることで、体温上昇も起こりやすくなります。

特に子どもの場合は体の代謝がよく、体温も高めなことが多いので、大人以上に体温が上りやすい可能性があります。

一方で、マスクをつけていると口腔内の湿度だけは保持されてしまうため、のどは乾燥しにくくなり、渇きを自覚しにくくなります。脱水が進んでも水を飲みたいという渇きのサインに気づきにくくなるかもしれません。

マスクを正しくつける難しさ・息苦しさへの対処は可能?

一般的なサージカルマスクは、飛沫による周りへの感染拡大を予防することができますが、つけている人自身の感染予防効果は議論のあるところです。効果があるという報告も効果がないという報告も見られますので、マスクだけで十分に予防できると過信するのは禁物です。

またマスクをつけるときは、鼻と口をしっかりと覆い、顔とマスクの隙間ができるだけ少なくなるようにする必要がありますが、正しくつけることで呼気がマスク内に残って籠りやすくなります。

冬場はあまり気にならなくても、高温多湿の夏場は、マスク内も汗をかきます。体温で温まった呼気には水分も含まれていますし、顔の汗は乾きにくいことから、マスク内の体温は下がりにくくなるでしょう。

大人はマスクが不快でも、必要に応じて我慢したり、その場に応じた判断で適宜外したりと調整できるかもしれませんが、子どもにはマスクの適切な脱着の判断は難しいかもしれません。

湿ったマスクは空気が通りにくくなり息苦しさを感じやすくなりますが、そのまま暑い中で息苦しさを我慢するのもよくありませんし、新鮮な空気が吸えるようにマスクに隙間を作ってつけてもマスクの予防効果は下がってしまいます。

熱中症の症状……めまい・頭痛・吐き気から、意識障害、命にかかわることも

喉の渇きへの対処の遅れや、体温上昇によりリスクが高まるのが熱中症です。熱中症を起こしやすい因子は様々で、温度の高さ、湿度の高さ、風の弱さなどの環境の他、乳幼児、激しい運動、慣れない運動などが挙げられます。体温が上昇することで、全身に様々な症状が起こります。

軽度の熱中症であれば、大きな体温の上昇はなく、めまい、手足の筋肉のぴくつきなどが起こる程度ですが、症状がひどくなると、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感がみられます。重症になると高体温になり、痙攣や意識障害などが現れ、適切な処置をしなければ、肝臓や腎臓の機能障害、血液の凝固異常が起こり、死に至ることがあります。

また、熱中症でみられる体温の上昇と血液の凝固異常は新型コロナウイルス感染症の合併症でもみられますので、今年はその点でも注意が必要でしょう。新型コロナウイルス感染症が疑われる場合はPCR検査や胸部X線やCTなどの検査が必要になることがあります。

感染対策と熱中症予防が両立できる工夫を

登下校時中や体育の授業などの運動時に子どもにマスクが必要かどうかは、感染予防のメリットとここで挙げたようなその他のリスクを考えて判断する必要があります。気温や湿度が上がり、マスクによる熱中症リスクが高いと考えられる場合は、子どものマスクの着脱を、時と場所によって使い分けることが大切です。

例えば登下校中に基本的にはマスクの着用を促している場合でも、お互いの距離を2m程度あけられたり、不要な会話や大声での会話を控えたりすることで、マスクを外すことはできると考えられます。また、屋外でのマスクをしてのスポーツは熱中症リスクが高くなります。マスクを外し、お互いの距離や接触を減らす工夫が必要でしょう。

そして、子どもはつい手で色々なものを触ったり、その手で顔を触ってしまったりするものです。マスクを外しているときは、顔をできるだけ触らないようにすること。触る場合は、手をしっかりと洗うこと。可能ならアルコールなどで手指や身近なものを消毒する癖もつけさせるとよいでしょう。

熱中症予防として、塩分を含む水分をこまめに定期的に摂取するように促すなど、感染対策と、熱中症予防を両立していく工夫が大切です。

◆ 清益 功浩プロフィール
小児科医・アレルギー専門医。京都大学医学部卒業後、日本赤十字社和歌山医療センター、京都医療センターなどを経て、大阪府済生会中津病院にて小児科診療に従事。論文発表・学会報告多数。診察室に留まらず多くの方に正確な医療情報を届けたいと、インターネットやテレビ、書籍などでも数多くの情報発信を行っている。
(文:清益 功浩(医師))

当記事はAll Aboutの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ