松坂桃李、ポン・ジュノ監督、黒沢清監督らが選ぶ“好きな松竹映画”とは 『松竹映画100周年』2つの松竹特設サイトがオープン

SPICE

2020/6/25 21:10


本日6月25日、松竹映画の特設サイト『松竹映画100年の100選』と『松竹・映画作品データベース』がオープンした。

1920年2月11日の松竹キネマ合名社設立から100年を経た2020年。これを記念して、同社は『松竹映画100周年』プロジェクトに取り組んでいる。特設サイト『松竹映画100年の100選』と『松竹・映画作品データベース』は、『松竹映画100周年』プロジェクトの一環としてオープン。


『松竹映画100年の100選』では、松竹映画約5,000の中から、「今、観たい映画」をテーマに独自に選んだ100作品を紹介。作品ページには、松竹社員(グループ会社含む)がすすめる“超おススメ・コメント”の中から厳選した紹介文を掲載している。また、同サイトの「私の好きな松竹映画」企画では、各界で活躍する人物が“好きな松竹映画”を紹介。アカデミー賞4冠に輝いた『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督や、黒沢清監督、俳優・松坂桃李が選んだおすすめ作品がコメントとともに掲載されている。
ポン・ジュノ監督
ポン・ジュノ監督
黒沢清監督
黒沢清監督

ポン・ジュノ監督 選 『復讐するは我にあり』(今村昌平監督/1979年)


(前半略)父親の原罪、日本の歴史的曲折、歪んだ欲情らが一つに絡み合い、巨大なスケールの叙事と化す。社会や制度では制御不能な怪物の身悶えを、目の前で目撃しているかのように迫り来る恐怖。実在する連続殺人魔の一代記という次元を超えた、まさに他に類を見ない、圧倒的な迫力の映画である。

黒沢清監督 選 『日本の夜と霧』(大島渚監督/1960年)


この映画の登場で政治ディスカッション映画というまったく新しいジャンルが切り開かれた。世界が驚いたのも無理はない。カメラの強烈な長回しと切羽詰まった俳優たちの熱演が異様な迫力を生み、とりわけ後半で津川雅彦たちが刑事に逮捕される描写は圧巻だ(後半略)。

松坂桃李 選 映画『聲の形』(山田尚子監督/2016年)


人との間に自然と湧いてくる温かさや怖さ、冷たさ。自分が生きてきた思い出とともに思い起こし、感じられる作品です。人間誰しもが持つ感情、まさに聲を形にすることの大切さもこの作品を通して知りました。

『松竹・映画作品データベース』は、松竹映画を網羅したデータベースとなる予定。作品名、キャスト、スタッフ、監督名など、作品にまつわるキーワードで検索ができる検索機能を備え、松竹の映画作品について調べることができる。第1弾として、小津安二郎、木下惠介、山田洋次など国内外に著名な監督作品や、国内外の映画賞受賞作品、そして2014年以降の作品をピックアップした、1011作品のデータベースが本日公開。2021年中に、約5,000本の全タイトルの掲載を予定しているという。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ