東海道・山陽新幹線の7~8月運転計画、お盆に「のぞみ12本ダイヤ」


JR東海とJR西日本が7~8月の東海道・山陽新幹線の運転計画を発表した。東海道新幹線の運転本数は7月1日から前年比95%となり、ほぼ前年並みに戻る。

東海道新幹線の運転本数は6月に1日平均311本となっていたが、7月は351本、8月は前年比97%の389本と段階的に通常の本数に戻す。

8月7~17日のお盆期間は「のぞみ12本ダイヤ」を設定し、臨時列車を多く運転。1日平均で前年より11本多い431本を運転する。ピークが予想される8月16日には、過去最多となる455本の列車を運転する。

山陽新幹線では、7・8月に臨時列車の「のぞみ」762本、「さくら」84本、「ひかり」90本を設定する。このうち、お盆期間中に運転する博多発新大阪行「ひかり」2本、8月の週末に新大阪~博多間で運転する「ひかり」上下各1本は全車指定席とする。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ