吉川友、加藤良輔らが出演 水戸の街を舞台に描く音楽劇『夜のピクニック』の再演が決定

SPICE

2020/6/25 17:27



2020年10月1日(木)~10月4日(日)水戸芸術館ACM劇場において、音楽劇『夜のピクニック』の上演が決定した。本作は、水戸で高校時代を過ごした作家・恩田陸の同名小説の舞台化作品となり2016年に初演、今回待望の再演となる。

脚本は高橋知伽江、演出を深作健太が手掛け、元宝塚歌劇団のトップスター・剣幸や歌手・女優としても評価の高い吉川友、加藤良輔らが初演に引き続き出演、新たに茨城県出身で声優、コンサートライブ、舞台と幅広い活躍をしている安達勇人、ミュージカル界の若き俊英・北川理恵の出演も決定した。

当初、本公演は9月26日(土)~10月4日(日)の期間で上演を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、公演期間を短縮して行われることになった。また、ローカルキャストの参加を自粛、料金の見直しをして座席は全席自由席に変更、客席はソーシャルディスタンスを確保し、適切な間隔で座るようにするなど、さまざまな対策を練って上演にのぞむ。
2016年初演の様子  撮影:刑部アツシ
2016年初演の様子  撮影:刑部アツシ

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ