渡部建が文春の独占取材に応じたワケ「密約があると考えるのが普通」

25日放送の情報番組では、同日発売の「週刊文春」が掲載したアンジャッシュ渡部建の独占インタビューの記事を取り上げていた。同誌が“多目的トイレ”不倫を報じたことでテレビ、ラジオ番組への出演自粛を決めた渡部が、なぜ騒ぎが沈静化しつつあるこの時期に再び「週刊文春」の誌面を飾る道を選んだのか。

6月11日発売の週刊文春による「佐々木希、逆上 渡部建“テイクアウト不倫”」の記事は大きな波紋を呼び、同誌は今年3度目の完売になったと出版元の文藝春秋が発表している。渡部建は記事が公になる前に、自らレギュラーを務めるテレビやラジオ番組に出演自粛を申し入れたことで「何をやらかしたのか」と余計に騒ぎが大きくなってしまったのだ。だが記事が出てから2週間が経ち、ネットニュースも渡部の話題一色にはならなくなってきた。さらにジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也が23日夜に開いた記者会見に世間の目は移っており、このまま渡部側の動きがなければ情報番組でも彼について報じることはなかった可能性が大きい。

だが今回、週刊文春の90分にわたる取材に応じ、所属事務所「人力舎」の社長同席のもとNGの質問は一切無しで、不倫疑惑だけでなく妻で女優の佐々木希、相方の児嶋一哉に対する思いを語ったという。大きなマスクをした彼のかなり憔悴しきった姿は衝撃的だが、“今でも妻を愛しています”との言葉にネットでは「多目的トイレで浮気し放題で、妻を愛しているとか言っても説得力はない」「奥さんを愛しているとアピールしても、一度ついたイメージはなかなか消えない」「奥さんとどうなろうとお二人が決める事ですから。が、テレビでもう見たくないので、このまま引退して下さい」と再び炎上している。また「なんで文春だけ独占取材を受けているんだろうか? こんだけ世間を騒がせて、謝罪会見もしてないのに、何故、文春だけに発言するんだろうか?」と疑問を呈するコメントが少なくない。

25日放送の『グッとラック!』(TBSテレビ系)でも冒頭からこの話題を取り扱ったが、木曜コメンテーターの小林麻耶は妻の佐々木がインスタグラムに“夫婦でしっかり話し合いをしたいと思います”と投稿した時点で、渡部の不倫の件はもう終わったとの認識だったという。だが今回、自ら週刊誌の取材を受けた渡部の行動に驚き「なぜ話をするのだろう。また話題になってしまうのに」と訝しさを感じたそうだ。一方で同じく木曜コメンテーターの画家で中島健太氏は「(渡部と文春の間で)密約があると考えるのが普通」、「続報を出さない代わりに、“どうですか、独占インタビュー”となったのではないか」と推測する。しかし同番組MCの立川志らくは「これからどんな続報が出ようが、世間のイメージは変わらない」とし、それどころか“もっと酷いことをしていたのではないか”と勘繰る人が出てくると語った。

その昔、渡部とプライベートでも親しいカンニング竹山も、自身の浮気相手だった当時20代の女性が出版社に自ら証拠になるモノを持ち込み、竹山との情事を赤裸々に語り大スキャンダルに発展したことがある。事前にマネージャーのもとに週刊誌側から、“竹山の浮気”について本人のコメントを求める連絡が入ると、なんと竹山は自ら編集部に乗り込み記事の確認に出向いたそうだ。写真のほかにも浮気を証明するメールなどを見せられ、意気消沈している竹山に「じゃあ面白おかしく記事を書かせてもらいますから、とりあえずここで土下座の写真を撮らせてください」と週刊誌側から提案してきたという。後日発売された週刊誌には、竹山が全裸で寝ている写真と土下座している写真とともに浮気記事が掲載されたが、“最も載せて欲しくない証拠”が世にでることは免れたそうだ。

もちろん竹山と妻の間には、この浮気報道で大変な修羅場があったのは事実である。しかし1年後に開かれた彼の単独ライブで、「私が撮っていた写真の方がカワイイです」と妻が撮影した裸で寝ている竹山の写真が提供された。「竹山が面白くなるなら」と浮気ネタに使われることに協力してくれたという。もはや不倫問題を笑いに変えることはできなくなった渡部建がこの先、どのようにして芸能界で再起を図るのか。その道筋は全く見えてこない。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ