元人気キャバ嬢エンリケがADHDを告白 「意外すぎる」「勇気もらった」

fumumu

youtube(pressureUA/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
23日、元東海ナンバーワンキャバ嬢のエンリケさんが自身のYouTubeチャンネルを更新。医師から過去にADHDと診断されていたことを告白しました。

■友人からアスペルガーを疑われ…


すべての発端はエンリケさんが昔、友人から「りえ(エンリケさんの本名)ってアスペルガーだよ」と言われたことから始まります。

アスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)は発達障害のひとつで、社会性やコミュニケーション能力、想像力などの欠如を特徴とするもの。人口比率ではおよそ100人に1人程度が該当するとされています。


関連記事:3日で2億5千万! 日本一稼ぐキャバ嬢のバースデーイベントがスゴすぎ…

■医師は「ADHDです」と診断


思い返せば昔から空気を読むことが苦手で、悪気なく人を傷つけてしまうことは多かったというエンリケさん。友人の言葉をきっかけに病院に足を運ぶのですが、そこで医師から「キャバクラに毎日勤務されてますよね? 本当にアスペルガーだと仕事が毎日できない」と指摘され、結果的に「ADHDです」と診断されたそう。

ネットで実際に症状を調べてみたところ、落ち着きがない、集中力がない、順番待ちができない、思ったことをすぐに口にしてしまう、衝動買いをしてしまう、忘れ物や物をなくすことが多い……など、様々なことが当てはまったそうです。

■今ではそんな自分が「誇らしい」


医師から薬を処方され、飲み続けてもう8年ほどになるというエンリケさん。ナンバーワンキャバ嬢だったことで知られていますが、間違えてぬるいシャンパンを出してしまったなど、当時ミスもあったと回想します。

しかし、今となってはそんな自分の性質を「嫌だとは思わない」「誇らしい」そうで、「こういう私だから今の私がいる」とコメント。周囲を不快にさせたり、傷つけたりしないように気をつけはしつつも、プラス思考で生きていくと話しました。

■「意外」「勇気すごい」


ADHDを告白した今回の動画に対し、コメント欄では「逆に空気読めない自分。っていうのをわかっていながら、キャバ嬢としてNo. 1に輝き続けたのは努力の賜物ですね…」「えええー! 意外過ぎる!」「エンリケさんは、めっちゃ空気読めて、相手の立場に立てて、ADHDとかアスペルガーとは、真逆の所にいる人だと思っていました」など驚きの声が相次ぐことに。

その一方で「公開する勇気すごいです。話を聞いていて私もそうかなと思いました」「僕も病院行ってみようと思います」「勇気もらえました」などの声も。

彼女の告白を機に、発達障害およびADHDへの理解が深まるといいですね。

★エンリケさんの動画はこちら

・合わせて読みたい→エンリケ、自宅結婚式を決行 純白ドレス姿と手作りケーキに絶賛

(文/fumumu編集部・柊青葉)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ