ムロツヨシ&永野芽郁『親バカ青春白書』、戸塚純貴&小野花梨がレギュラー出演

クランクイン!

 俳優のムロツヨシが主演を務め、女優の永野芽郁と父子役で共演する8月スタートの新・日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)より、俳優の戸塚純貴と女優の小野花梨がレギュラー出演することが発表された。

本作は、『今日から俺は!!』チームの最新作で、ヒットメーカー・福田雄一が手掛けるオリジナルドラマ。ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となるムロが、娘が大好きすぎて娘と同じ大学に入学してしまった親バカなシングルファーザーで小説家の小比賀太郎、通称“ガタロー”を演じ、その大事な箱入り娘、小比賀さくら役を永野が務める。

また、さくらの恋人候補として俳優の中川大志、ガタローの亡くなった最愛の妻で、さくらの母でもある小比賀幸子役を新垣結衣、ガタローとさくらの大学の同級生役で今田美桜の出演も発表されている。

今回発表された戸塚は、ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』、『今日から俺は!!』(共に日本テレビ)に続き、本作で同局の福田監督作品には、3作品連続の出演となる。

戸塚が演じるのは、ガタロー親子たちが入学した立青大学の同級生の1人で自称YouTuberの根来恭介役。漁師の息子で和歌山県出身の恭介は、自分のYouTubeチャンネルの為に、全力を注いでいるものの、なかなかヒットには恵まれないという役どころ。永野演じるさくらなど、色んな女の子に告白しまくってはフラれまくるが、この告白が、彼のその後の人生の転機となる。

一方、小野が演じるのは、福岡県出身の衛藤美咲役。さくらの同級生の1人で、アルバイトをしたことがないさくらが、初めてバイトを始めるときに、同じ喫茶店で働く美咲がさくらの指導役になるが、なぜか、そのバイト先ではガタローも一緒にバイトを始めることになり、ガタロー親子と学校以外でも一緒に過ごすことが多くなる役どころとなる。

戸塚は「人当たりの良さや、色んなことに皆を巻き込む底抜けた明るさ、そしてその裏にある挫折など根来のもつ人間っぽさを存分に表現したいですし、大切にしていきたいと思っています」、小野は「ガタローに翻弄されながら大学生活を満喫する、皆様に愛して頂けるような女の子になれるよう日々楽しみながら頑張ります!」とそれぞれコメントを寄せている。

新・日曜ドラマ『親バカ青春白書』は、日本テレビ系にて8月より毎週日曜22時30分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ