【アニメ飯レシピ】『空挺ドラゴンズ』の「クオーン風釜煮シチュー」

梅雨で悪天候が多いせいか、ここ最近は肌寒い天気がちらほらありますね。 そこで今回は、人気漫画『空挺ドラゴンズ』より、身体の中から温まる「クオーン風釜煮シチュー」の再現レシピを紹介します。

 

 

「クオーン風釜煮シチュー」って?

 

桑原太矩著『空挺ドラゴンズ』第2巻より

 

「クオーン風釜煮シチュー」は、good!アフタヌーンで連載中の桑原太矩さん原作の漫画『空挺ドラゴンズ』のコミック第2巻、アニメでは第9話に登場する、港町・クオーン市を舞台に作られる“ドラゴンの肉”を使ったシチュー。 シチューから湧き出る湯気と見た目が食欲をそそる一品です。

さすがに“ドラゴンの肉”は入手不可能なので、豚肉のスペアリブを代用して再現しました。

 

 

材料

 

 

・豚肉のスペアリブ 500g
・ベーコン 100g

・たまねぎ 2個
・ニンニク 3片
・赤パプリカ 1個
・ジャガイモ 2個
・ニンジン 1本
・セロリ 1本

・オリーブオイル 少々
・塩 小さじ2
・キャラウェイシード 小さじ1
・赤パプリカ粉 大さじ2
・カットトマト缶 1缶
・赤ワイン 200ml

・パセリ(飾り用) 少々

 

 

作り方

 

① 鍋にオリーブオイルを入れ、強火にして豚肉のスペアリブの表面に焦げ目がつく程度まで焼く。 表面がカリカリになったら鍋から取り出しておく。

 

② たまねぎ、ニンニクはみじん切りにする。赤パプリカ、ジャガイモ、ニンジンは食べやすく一口程度の大きさに切る。ジャガイモとニンジンは水につけて変色しないようにしておく。

 

③ 豚肉のスペアリブを焼いた鍋にみじん切りにしたニンニクとたまねぎを入れて中火にかけ、たまねぎがうっすら茶色になるまで炒める。 さらに刻んだベーコンを入れて炒める。次に①で焼いた豚肉のスペアリブを入れる。

 

④ 鍋に材料がひたひたになる程度の水を入れる。セロリはぶつ切りにして入れ、さらに塩、キャラウェイシード、カットトマト、赤ワインを入れる。 蓋をして1時間半~2時間ほど煮る。

 

⑤ 豚肉のスペアリブが柔らかくなったらジャガイモ、ニンジンを入れてさらに40分ほど煮込んだら完成。

 

 

ワンポイントアドバイス

 

・豚肉のスペアリブを煮込む時に圧力鍋を使うことで時間短縮ができます。

・煮込む時にタイムやローリエなどのハーブを加えることで、さらに風味が豊かになります。

 

いかがでしたか?

今回は“ドラゴンの肉”の代用として豚肉のスペアリブを使用しましたが、牛肉を使ってもコクが出てより肉の食感を楽しめるのでおすすめです。

また、出来たてをいただくのもおいしい一品ですが、翌日に食べても味が染み込んでより一層おいしくいただけます。

肌寒い日はもちろん、暑い日に汗をかきながらでも、『空挺ドラゴンズ』を観つつ「クオーン風釜煮シチュー」を食べて、ドラゴンのいる世界を想像してみるのもいいですね。

WRITER

  • Jins
  •        

  • 北海道を中心におしゃれな農業活動、料理、ハンドクラフト、写真とマルチに活動中。映画やアニメ、ゲームといったサブカルチャーも大好きでインドア・アウトドアをにこだわらない多趣味持ちです。近日、自身のYouTube チャンネルを開設予定。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ