【コスパマジ最強】噂の『やっぱりステーキ』が東京初上陸! 食べてみた結果 →「いきなり!ステーキは本当に頑張らないとヤバい」



2020年6月、沖縄発祥の人気ステーキチェーン『やっぱりステーキ』が東京に初上陸を果たした。2015年に那覇市で産声を上げた同店は、現在までに沖縄や福岡を中心に約50店舗を展開。そしてつい先日、東京第1号店となる『やっぱりステーキ吉祥寺店』をオープンさせた。

はたして『やっぱりステーキ』とはどんな店なのか? もちろんそれも気になるが、やはり多くの人は「いきなり!ステーキと比べてどうなのか?」が気になるハズ。結論から申し上げると、いきなり!ステーキは「ウカウカしていられない」……どころではなく、「マジで頑張らないとヤバい」レベル。やっぱりステーキはそれくらい驚異のステーキ店であった。

・沖縄発のステーキ店
まずは『やっぱりステーキ』をご存じない方のために、同店のプロフィールをざっと紹介しよう。冒頭でもお伝えした通り『やっぱりステーキ』は、沖縄発のステーキチェーン店である。大阪、愛知、北海道などにも進出してはいるものの、約50店舗のうち半数以上は沖縄と九州にあるから、全国的な知名度はまだ低いのかもしれない。

だがしかし、国内最大のステーキチェーン店「いきなり!ステーキ」が苦境に陥る中、『やっぱりステーキ』は猛烈な勢いで店舗を拡大していることは紛れもない事実。全国展開している「いきなり!ステーキ」が苦戦を強いられていることを考えれば「やっぱりステーキにはいきなり!ステーキに勝る魅力がある」と考えるのが自然であろう。

果たして、いきなり!ステーキをも凌ぐ魅力とは何なのか? その秘密を探るべく、オープンして間もない『やっぱりステーキ吉祥寺店』に足を運ぶことにした。もちろん記者は「やっぱりステーキ初体験」だ。

・約1時間待ち
さて、平日のランチタイムに訪れた『やっぱりステーキ吉祥寺店』は、小雨が降る中ざっと30人の行列が。ランチタイムとはいえ早くもこの行列……。結局、記者は1時間ほど並んでようやく入店できた。

『やっぱりステーキ』は券売機での食券制となっており、ほとんどのお客さんのお目当てが店名と同じ「やっぱりステーキ(1000円)」だ。使用されているのは “ミスジ” と言われる部分で重量は150グラム。これに食べ放題のスープ・サラダ・ライスの3点セットが付いている。

肉にこれだけのセットが付いて1000円……! しかも食べ放題とくれば人気になるのも頷ける。だがしかし、大切なのはあくまで肉。肉の味がそこそこでは話にならない。セルフでスープ・サラダ・ライスを用意し、満席の店内で静かに「やっぱりステーキ」を待った。

・感動的な……!
10分弱で到着した「やっぱりステーキ」は、大きさこそややボリュームに欠けるものの非常にぶ厚く、同店の特徴の1つ “溶岩石プレート” の上にのって提供される。基本的には味付けされておらず、各テーブルに設置された全14種類のスパイスとソースでいただくシステムだ。

さっそく肉を切ってみると……驚くほど柔らかい。一瞬「ナイフがメチャメチャ切れるのかも?」と思ったほど、肉にナイフがスッと入っていく。この厚みでここまでの柔らかさ……これこそが『やっぱりステーキ』最大の武器であり特徴だ。

肉は口に入れても当然柔らかく、肉汁も実にジューシー。正直、肉自体の旨味に関してはそりゃ高い肉の方が上に決まっている……が、それすら感じさせないほど肉の柔らかさは圧倒的。言うならば、パラメーターを “柔らかさ” に全振りした「超柔らか肉」である。

ぶ厚いのにメチャメチャ柔らかい肉は、文字通り瞬殺。ついつい「替え肉」を追加オーダーしてしまうのは、ある意味で必然であろう。また、例えば200グラム1000円の「赤身ステーキ」の替え肉は100グラム500円と、明朗なシステムも初心者には嬉しい。初来店でもシステムに戸惑うことは基本的にないハズだ。

・コスパマジ最強
これに、スープ・サラダ・ライスの3点セット付で、しかもおかわり自由なのだから “コスパマジ最強” と言っても過言ではあるまい。端的に「いきなり!ステーキはウカウカしていられないってレベルじゃない。マジで頑張らないとヤバい」と感じた次第だ。

ただし「いきなり!ステーキ」の看板メニュー「ワイルドステーキ」と比較した場合、日にもよるが肉自体の旨味は「ワイルドステーキ」が上回っている場合もある。とはいえ、柔らかさに関しては『やっぱりステーキ』が圧倒的に上。どちらが好きかは好みによるが、どちらが支持を得ているかは両社の勢いの違いが物語っているのかもしれない。

というわけで、初めての『やっぱりステーキ』には感動的なほど柔らかい肉が待っていた。この先もしばらくは混雑が予想されるが、食べればきっとその圧倒的なコスパに満足するハズだ。『やっぱりステーキ』──。流行らない理由を探す方が難しい優良店である。

参考リンク:やっぱりステーキ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ