タピオカミルクティーを1日2杯、1か月間飲み続けた少女が昏睡状態に(中国)

日本でも爆発的な人気となったタピオカミルクティー。海外では「バブルティー」とも呼ばれ、発祥地の台湾はもちろんのことアジア圏やアメリカなどでも広く愛されている。このほど中国の上海でバブルティーに依存してしまった18歳の少女が、砂糖の過剰摂取によって昏睡状態に陥ってしまったという。『7NEWS.com.au』『The Sun』などが伝えている。

5月2日、“バブルティーガール”こと18歳の少女は昏睡状態で倒れているところを家族に発見され、中国・上海の瑞金医院(Ruijin Hospital)に緊急搬送された。この時、彼女の体重は125kgと肥満状態にあり、血液検査では血糖値が通常の25倍もの数値を示していたそうだ。

家族によると少女はバブルティーに依存しており、1か月の間に毎日バブルティー2杯とコーラなどの砂糖がたっぷり入った飲み物などに1日約1500円(100元)を使っていたという。

救命医のルー・イミン医師(Lu Yiming)によって、かなり危険なレベルの高血糖による糖尿病性昏睡と診断された少女には腎障害も見られた。だが人工呼吸器や血液透析療法などの治療が功を奏し、5日後に昏睡から目を覚ました。その後、少女は1か月ほど同病院で過ごし、状態が安定したため6月1日に南翔医院(Nanxiang Hospital)に引き続き管理入院のために転院となった。

少女は昏睡に陥る1週間ほど前から、口渇、吐き気、頻尿などの糖尿病の合併症の症状が現れていたという。この1か月の治療によって少女は35kgも減量に成功しており、「もう二度とバブルティーは飲まない」と約束したそうだ。

弾力のあるタピオカと甘いミルクティーが売りのバブルティーだが、『Channel News Asia』の調べでは500mlの黒糖タピオカミルクティーには92gもの砂糖が使用されており、これは320mlのコカ・コーラに含まれる糖分の3倍にもあたるという。

なお中国では2019年6月に腹部の膨満感、激しい胃痛、ひどい便秘を訴えた14歳の少女が病院に運び込まれ、レントゲン検査にて100個もの未消化のタピオカ詰まっているのを医師が発見。また1月には13歳の少年が同じくタピオカの未消化が原因で腸に2つの大きな塊でき、緊急手術になるなどタピオカ関連の事故が相次いでいた。

画像は『The Sun 2020年6月11日付「SUGAR SHOCK Bubble tea addict, 18, ‘fighting for her life in a coma after drinking two cups every day for a month’」(Credit: AsiaWire)』『7NEWS.com.au 2020年6月10日付「‘Bubble Tea Girl’: Teen in coma after addiction to sugary drink」(Credit: AsiaWire/Australscope)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 YUKKE)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ