『生後間もないしんのすけ』の写真を見た野原ひろし 慌ただしい日々を思い出し?

grape

2020/6/18 09:00

2020年6月18日より、サントリー食品インターナショナル株式会社が特設サイトにて『クレヨンしんちゃん×クラフトボス』のウェブ限定オリジナル動画を公開。

動画ではしんのすけが生まれてから現在までの5年間の野原家の日常と、父・ひろしの心情が描かれています。

『すべての父ちゃんたちへ』

ストーリーは、大掃除中の野原家でひろしが重いダンボールを運んでくるシーンから始まります。

しんのすけとひまわりが遊びながらひろしの足の間をすり抜けると、ひろしはよろけて転倒。

ひろしは、ダンボールから落ちて散乱したアルバムや写真の中から、生後間もないしんのすけの写真を見つけます。

「お~懐かしい!しんのすけちっちゃいな~!」

そして、ひろしはしんのすけが生まれてからの生活を思い返していきます。

思えばこの頃は、仕事も忙しい時だったし…空回りしてたなあ、俺」と振り返るひろし。

夫婦の奮闘やしんのすけの成長などが描かれた続きは、こちらの動画をご覧ください!


しんのすけの言葉で何かに気付き、ほぐれたかのように笑顔を浮かべてひと息つくひろし。

ラストの『すべての野原ひろしたちへ』という文字が心にしみますね。

この動画は、日々頑張って働く全国の父親を応援することをテーマに制作されました。

監督は、劇場版クレヨンしんちゃんシリーズの中でも、特に人気の高い作品『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(以下、ロボとーちゃん)』の監督としても有名な、髙橋渉監督が務めています。

『ロボとーちゃん』で父・ひろしと家族の絆を描き、日本中を感動に包み込んだ髙橋監督は、どのような思いで動画の制作に挑んだのでしょうか。

サントリー食品インターナショナル株式会社が動画の公開を記念して行ったインタビューで、髙橋監督は動画の見どころや、クレヨンしんちゃんファンへのメッセージなどを次のように答えています。

――完成した動画をご覧になって、いかがですか。

ひろしの内面という題材だけで1本の作品を作れることになるとは思わなかったので、新鮮な気持ちで取り組めました。

改めて野原ひろしについて考えることになったのですが、やっぱりひろしは凄いようで凄くない、親しみやすい『とーちゃん』だなと思いました。

仕事も忙しい、初めての子育てにも奮闘、と本当に大変な時期を過ごしていると思うんですけど、グチるしボヤくし足も臭いしとかっこよくないところを隠さないところが魅力的、というか、自分自身ほっとさせられます。

そんなかっこ悪い本音を出せるのも、妻のみさえや子供たちのしんのすけ・ひまわり、家族みんなが受け入れてくれるからでしょうね。素敵な家族ですよね。

――今回の動画の見どころを教えてください。

野原家の5年間を描いているので、全員の成長ぶりなどを見てほしいです。

しんのすけが生まれてから5年、子育ての初めの5年間って嵐のように大変な時期であると思うのですが、その中にも嬉しいこと、苦しいこと、いろんなことが起こると思うんです。

父・野原ひろしという存在を通じて、そんないろんな感情を描いているところが見どころじゃないかなと思います。

――今回の動画に込めたメッセージを教えてください。

「ひろしの生き方を通して、頑張る力や勇気や温かい気持ちを届けられたらな」という想いを込めました。

また、いつものようにクスッと笑えるシーンもあるので、野原家と一緒に笑って楽しんでもらえたらなと思います。

――多くのクレヨンしんちゃんシリーズ作品に関わってこられた髙橋さんですが、ウェブ動画の監督を務めたのは初めてだと思います。劇場版との違いはどのようなところにありましたか。

単純にいうと映像の長さですね。劇場版と比べ、ウェブアニメは短いので、その短さの中で伝えたいことを伝えるという難しさがありました。

なので今回のアニメは『野原ひろし物語』という大長編映画の予告編を作るような気持ちでのぞみました。

また、制作スタッフのみなさんも古くから知っている信頼できる方ばかりだったので、いい意味で力を抜いて取り組むことができました。

――最後に、動画を見る方々や全国のクレヨンしんちゃんファンへ、メッセージをお願いします。

きっと力をもらえる動画になっていると思います。これを見て、全国のとーちゃんたちに「ありがとう」のひと言でも感謝の気持ちを伝えてほしいです。

「ありがとう」が、今の日本全体を少し明るくするんじゃないかと思います。

また、ウェブ限定オリジナル動画公開に先駆けて、クレヨンしんちゃんの舞台である春日部駅にて、2020年6月15~21日まで巨大屋外広告が展開されています。

春日部駅でのクレヨンしんちゃんの巨大広告の掲示は、これまでも夏休みなどのイベントに合わせて数回実施されており、その心温まる内容が話題を呼びました。

「しんちゃんのポスターに泣きそう」 貼られていた広告に涙

今回は、ウェブ限定オリジナル動画の内容になぞらえて、父として仕事・子育てに奮闘するひろしの姿が描かれています。

2020年6月21日は『父の日』。

ポスターや動画を見ると、全国のお父さんたちに「お疲れ様です!」といいたくなりますね。


[文・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ