『LISTENERS』第12話あらすじ公開! エコヲが再び立ち上がる!!

2020年4月より放送中のTVアニメ『LISTENERS』の最終話、第12話のあらすじ&場面カットが公開となった。

本作は『カゲロウプロジェクト』のクリエイター・じんと、『交響詩篇エウレカセブン』の脚本家・佐藤大がタッグを組み、『ゾンビランドサガ』のMAPPAがアニメーション制作を担当するオリジナルTVアニメ。
スクラップ拾いの少年・エコヲと、腰にインプットジャックの空いた記憶喪失の少女・ミュウが記憶をたどる旅に出る物語だ。

第12話は、6月19日(金)よりMBS/TBS/BS-TBS ”アニメイズム” 枠にて放送開始。
ついに最終回を迎える第12話では、ミミナシの王・ミュウが人々の前に立ちはだかる!
祈手たちの決死の攻撃も通じず人々の間に絶望と混乱が広がる中、そこに現れたのは祈手としてAC30に乗り込んだエコヲだった。一度はミュウの暴走になすすべなく崩れ落ちたエコヲが、世界の危機を止めるため、そしてミュウを救うために再び立ち上がる!!

はたしてエコヲはミュウを取り戻すことができるのか、物語の結末をどうぞお見逃しなく!

<TRACK 12「ハロー・グッドバイ」>
ミミナシの王として人々の前に立ちはだかるミュウには祈手たちの決死の攻撃も通用しなかった。
最早なす術無しとリバチェスタの街は混乱に陥る。しかし、そこに現れたのは、祈手としてAC30に乗り込んだエコヲだった。
世界に別れを告げようとするミュウに「もう一度、君に会いに来た」と伝えるエコヲ。彼の声は果たしてミュウに届くのか。


>>>『LISTENERS』第12話先行カットを全部見る

また、第11話のノンクレジットエンディング映像も公開中!
高橋李依演じるミュウが歌う、第10話のエンディング主題歌は『Love song』。

<作詞・作曲 じん コメント>
「終わったのに死なない想い」というテーマの曲。
「何もかも終わった」と諦めているのに、頭でも体でもない何かが、それを拒む瞬間があります。
それを人に伝える時、歌が生まれるんじゃないか。
そんなことを考えながら作りました。

▼第11話ノンクレジットエンディング映像

(C)1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ