高須幹弥氏、美顔ローラー「おすすめしない」「むしろデメリット…」

fumumu

youtube(pressureUA/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
美容外科「高須クリニック」の創業者・高須克弥さんの息子で、同クリニック名古屋院の院長を務める、高須幹弥さん。

自身のYouTubeチャンネルでは、激辛ペヤングに挑んだり、嵐の楽曲を歌ったりとプライベート映像も盛り込みつつ、これまで視聴者からの質問に答えていく動画も数多くアップしています。

16日には「よくモデルさんがやっている、小顔にする“コロコロローラー”は、効果がありますか?」との質問に答えました。

■あくまでも「一時的」


今や多くのメーカーが販売している、顔をコロコロとする“美顔ローラー”。「一時的に顔のむくみを取って、一時的に小顔にする効果っていうのは多少あると思います」と幹弥さん。

しかし、その効果はあくまでも「一時的」なものであり、永続的な効果はないと

考えているようです。さらに「メリットはなく、むしろデメリットの方がたくさんある」と、医者である幹弥さん個人の意見としては「おすすめしません」と断言しました。


関連記事:ローラ&水原希子、ヒゲ面ショット公開に反響  山田孝之が合流も

■撮影前のコロコロは効果アリ


人間の体の60%ほどは水分で出来ているため、ローラーで顔の水分を移動させてむくみを取ることで、物理的には「小顔になれる効果」はあるそう。しかし、その効果は「長くて半日」だとか。

そのため、「今からキレイな写真を撮りたい」など、ローラーを使用した直後には、むくみを解消しスッキリした状態で挑めるようです。

確かに、ビフォーアフター写真はコロコロ直後の撮影ですもんね…。メリットはこれくらい。

■シミの原因に


続いて、2つのデメリットを説明。コロコロと皮膚の表面を刺激することになるため、色素沈着など顔に現れるシミ。

人間の皮膚は常に刺激していると、「メラノサイト」(メラニン色素を産生する細胞)からメラニン色素が皮膚の表面まで産生されて浮き出てきて「色素沈着」を起こしてしまうそう。その結果、顔が黒ずんでしまうようです。

特に、目の下や頬にかけてできやすい「肝斑」は、刺激をすることによって濃くなりやすいそうで、肝斑の治療で幹弥さんのもとにくる患者さんには「毎日小顔ローラーをやっている」という人が多いことも明かしました。

■シワやたるみも…


もうひとつは顔のシワやたるみの原因になってしまうこと。皮膚の表面をゴシゴシ刺激したりグイグイやることを続けることで「皮膚のコラーゲン線維が破壊されたり、あるいは靭帯などの支持組織が破壊」され、シワやたるみの原因になってしまうようです。

また、常に力強くローラーを使用することでシワが刻み込まれている…とも説明。

これらの理由や、美顔ローラーを含む家庭用の美顔器には「はっきりとしたエビデンスがない」こと、そして傷が残るなどの激しいリスクはないものの、やる意味がないことから「ローリスクノーリターン」であることから「おすすめしない」との結論を述べました。

■「エビデンスがない」


インフルエンサーやステマなどを通じて「モデルの誰々ちゃんがやってるんだからを私たちもやろう」と騙されてしまっていることに懸念を示しつつ、「実際にははっきりとしたエビデンスはない」と念押し。

幹弥さんが伝えた衝撃の事実には「あ~知りたかったネタだわぁ」「あと何十年というコロコロするムダな時間が省けました。 心からありがとう」「近々小顔ローラー買おうと 思ってたのでこの動画見れて 良かったです!」と、感謝の声が続々。

「時々おかしいけど、やっぱりどんな人の説明より説得力あるな」と他の動画とのギャップにツッコミながらも、その説得力に感心するコメントも。前日にはお風呂場で嵐の歌を熱唱していますしね…。

美顔ローラーを使う際は、撮影前だけにとどめておきましょう!

★高須幹弥氏の動画はコチラから!

・合わせて読みたい→「マダム・タッソー東京」はインスタ映え確定 蝋人形のクオリティに圧巻

(文/fumumu編集部・冬野 とまと)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ