ジャニーズ好きで何が悪い! 職場でオタバレしていた方がメリットが大きいワケとは (#ジャニオタですが何か?)

 

みなさんはオタバレ、していますか?

私は齢三十を超えて、しっかりオタバレをしています。年々、公にしやすくなっていますね。そういうお年頃です。

そもそも、こうしてジャニオタとしてお仕事している時点でオタバレどころのお話ではないですね、いま気付いてびっくりしました。

あくまで個人的にですが、可能な範囲でのオタバレはおすすめします。もちろん、なんやかんやと言ってくる人はいますけど、ジャニーズを好きでなにが悪いんだ?と、むしろ疑問です。

 

好きなものには、胸を張って生きていきたい。好きなものごとひっくるめて、自分ですから。

 

今回は、オタバレしておくことのメリットについてお話したいと思います。

 

■学生時代はオタバレしまくっていた私

私は、中学生まではオタク丸出しで生きてました。

前回お話したように、ジャニーズがめちゃくちゃ流行った時代……クラスみんながジャニーズを好きだった時代というのもあるかもしれません。
それに私自身、周囲の目なんかまるで気にしない人間だったんですね。

切り抜きを集めてオリジナルの下敷きを作ったり、夏休みの絵日記の宿題で、V6コンの渾身のレポートを書いたりしました。ごめんね先生。

だけど高校生になって、突如おとずれた思春期といいますかなんといいますか。環境が変わって、周りのみんなもジャニーズを卒業しちゃって……私は、オタクを隠すようになりました。

ジャニーズのなにを恥じる必要があるんだよって、今は執筆させていただいている各媒体で吠えておりますけど。

当時は若かったんです。「みんなと同じ」じゃないことが、急に怖くなったんでしょうね。

 

■社会人には、オタバレするメリットがある!


ガラケー時代の貴重な資料として、大切に保管しております。

 

そんな私ですが、社会人になってからは隠してません。そのほうが断然働きやすく、断然楽しいということに気付いたからです。

私、もとは病院で働いていた人間なんですね。
ですから、いわゆる「自分専用デスク」みたいなものはなく、職場を自担色に染め上げることはできなかったんですけど、マグカップ、ボールペン、キーホルダー……このあたりはガッチリとグッズで固めておりました。

それに、オタクは手元にクリアファイル貯まりがちじゃないですか。CDに「これでもか」と特典としてつけてくださるので。(※ディスってません)
これも、適度に活用しておりました。

私がオタバレするのは、決して自己顕示欲からではありません。

まず、仕事の能率があがります。超絶にめんどくせえ仕事も、愛用のセクゾのボールペンだと倍速で終わります(※たぶんプラシーボ効果的なやつ)

読みたくなさすぎる資料も、自軍のクリアファイルに挟むことで大切に扱える。眠すぎる会議に飽きたらたまにチラ見して「自軍かっこよすぎかよオイ……」って、目ギンギンにできる(※真似しないでください)

 

そして、私がオタバレする最大の理由は「スムーズに休みをとるため」

私、独身・彼氏なしであるゆえ、ジャニごとがなければ基本だいたいヒマです。「あいつヒマだな」って、職場中にバレてる。なんならオタクであることよりも明白にバレている状態なわけです。

つまり、めちゃくちゃ土日出勤が多い。盆も正月も、気付けば出勤です。だってヒマなので。それはまぎれもなく事実なので(泣いてません)

ですから、ここでしっかりとオタバレをしておくわけです。
ジャニオタにとっての土日、盆と正月は祭り……いや、勝負だってことを理解してもらう。というよりも、押し通す。

いかに、自分にとってジャニーズが最優先であるかを伝えておけば、お正月や土日の連勤を避ける免罪符になります。

もしもコンサート当日に休みがとれなくとも、半休を頼み込みやすいですし。「だって!チケットがもうあるんですもん!」という、大人げない手段を何度か使ったことをここで謝罪いたします。(でも別日にちゃんと出勤した)

あとは、もう本当にダメ社会人ですけど、10時からプレイガイド先行販売とかたまにあるじゃないですか。電話しかダメなやつ。

そういったときにトイレに逃げ込まずとも、上司の許可を得て堂々と抜けられます。9時55分から番号を打ち込んで待機できる。
私の友人は、職場の人の協力も仰いでた(優しすぎるかよ)

オタバレしておけば、たとえライブ当日はほんのちょっと髪を巻いていても、ワケわからんくらいに荷物が多くても、普段は見ることのない色のスカートやアクセサリーを身に着けていても、誰にもなにも言われない。ていうか、触れてこない。

職場でオタバレしておく最大の利点は「ワークライフバランスが確立できる」、これにつきるのではないでしょうか。

いかに自分が「ジャニーズ」を大切にしているのかを、押し付けるのではなく理解してもらうこと、そしてもちろん通常時には一生懸命働くことで、仕事とオタクを両立できるのです。

 

■気付けば身の回りが自担カラーに


無意識に推しシンメカラーを購入していてびっくりしたやつ(タブレットケース)

 

友人のオタク(デスクワーク)は、机上にパラダイスを作っているらしいです。私もいまはこうしてデスクワークなので、早急に私だけのマハラジャを作りたいんですけど、なかなか片付けが苦手で……まだ踏み切れていないのが現状です。

あと、仕事柄できなかったネイルをぜひやりたいですね……!

絶対テンションあがるじゃないですか、ネイルが自担仕様だなんて……!キーボードを打ちつつ、ちらりと視界に入る自担色。たまらんですな。

ただ、私は事務所推しのミーハーなので、メンカラがね……ことごとく統一されないんですよね。暖色・寒色問わず背負ってるので、私の推したち。
嘘だろ?ってくらい、融和しないカラーリングなんですよね。

次のライブのときには絶対にやりたいですね、ロゴ入れたりしてね!
そうして原稿を書きまくったら、いいものが書ける気がします!

我こそはというジャニオタ御用達のネイリストのみなさん、ご連絡まってます。えっと090‐(自主規制)

 

最後に余談なんですけど私の場合、オタクゆえにジャニーズ好きの患者さんを担当する機会が多く、単純に仕事が楽しかったです(不純)

90歳近いおばあさまが、ご家族が差し入れした某テレビ〇イドののページを下敷きにしてテーブルに突っ伏して寝てたの、平和でしかない世界だった。無事、松本潤さんとデートできたらしい(※夢です)

コンサート会場で患者さんと会って、元気なお姿に安心したこともある(実話。しかもドームのトイレで偶然にというミラクル)

私がよく行くマッサージ屋さんも、いつもBGMにKinKi Kids(オルゴールアレンジ)が流れていて、心身ともにリラックス効果がすごい。勇気を出してマッサージ師さんにお声かけしてみたところ、同じ公演に入っておられた。しかもカウントダウンというガチ。

みんな、それぞれの職場で自分なりにオタバレして、働きやすい環境を作っているんだなぁと感じました。

だって、仕事が人生じゃないからさ。仕事は、趣味のための資金作りだから。趣味と趣味の合間に仕事してるわけだから、オセロ方式で仕事も趣味に染めていきましょうよ。

デスクにアクスタ、並べていこ。

 

そんなジャニオタですが、何か?

 

WRITER

  • シンアキコ
  •        

  • 80年代生まれのフリーライター 。まるっと事務所推し。ジャニーズという文化を愛しています。著書に『なぜ90年代J-POPはあんなにアツかったのか?』(出版:株式会社NOTE-X)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ