山下智久、尊敬する俳優・山崎努との日常会話で勉強「録音して聞き直す」

※画像は、『行列のできる法律相談所』公式サイトのスクリーンショット

 

6月14日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、山下智久が「人生を変えたスター」に俳優の山崎努を挙げ、「勉強になるのでプライベートで会った時の会話を録音して聞き直す」と話してMC陣を驚かせた。

 

最初はほぼ会話なし「怖くてビクビクしてた」

山下は「21(歳)くらいの時に初めて共演させていただいたんですけど、ドラマがクランクインしたら1か月ぐらいはほぼ口をきいてくれなくて」と話し始め、「怖いな怖いなと思ってずっとビクビクしながらやってたんですけど、でも体当たりでどんどんぶつかって行って」と続ける。山下は「初日のオンエア終わった次の日に、廊下ですれ違った時に(親指を立てて)『グー』って出してくれて。そこからずっと喋ってくれるようになって、年に何回かご自宅に遊びに行かせていただいて」と明かし、「『俺の芝居ダメなのかな』とか思うよな、大先輩とやると。それがすれ違いざま『グー』。もうこれは腰砕けたやろ」という明石家さんまに「泣きそうになりました、本当に」と話す。

 

次に東野幸治は「(山崎は)冗談とか言ったりするの?」と質問し、山下は「すごく。お酒が好きで、いつも一緒に行くと赤ワインをいただきながら。ずっと読書を一日中されてる方なので、オススメの本を教えていただいたりとか」と明かす。「僕も勉強になるので、それ逃さないようにいつもレコーディングさせてもらって」と続ける山下に「会話を?」と東野。山下が「『努さん録ってもいいですか?』って言って(山崎は)『いいよ』って言って(録音ボタン)ビッてずっと押して。それ1つの僕の宝物」と話すと東野は「うわ!すごい!」と目を丸くし、さんまは「そこまで尊敬すると録音したくなって」と感心の様子。

 

「日常会話やろ?すごいな!それだけ良いことを教えていただいてるんだ」と驚くさんまに「1回だと僕も理解できない部分があったりするんで」と山下。東野が「じゃあ家でもう1回聞いたりすんの?」と聞くと山下は「はい。で、あと何年か経って聞くと『あぁ、こういうことか!』っていうのが(ある)」と話していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ