道端アンジェリカ、今後は社会貢献活動に尽力か? 過去には乾癬への啓もうや環境汚染問題への取り組みも

モデルの道端アンジェリカが6月15日、インスタグラムで芸能活動再開を報告した。昨年10月に夫が恐喝容疑で逮捕されると共謀を疑われた道端アンジェリカは10月24日から芸能活動を休業していた。昨年10月2日にパーティードレスを着た美脚ショットをインスタグラムに公開して以来の更新で、「お久しぶりです。昨年は関係者の方、ならびにファンの方へご迷惑とご心配おかけしたこと心より深くお詫び申し上げます…」という姿に「元気で良かった」、「すごくナチュラルで素顔なアンジェリカさん、初めてみました」などの反響が寄せられている。

道端アンジェリカはアルゼンチン国籍の父親(スペイン人とイタリア人のハーフ)と日本人の母親を持ち、姉の道端カレン、道端ジェシカともに母親からモデルの英才教育を受け「道端三姉妹」として活躍。自身もファッション雑誌『S Cawaii!』をはじめ広告のイメージモデルを務めたりバラエティ番組に出演してきた。

2017年12月に韓国人の一般男性との結婚を発表した道端アンジェリカは、翌年7月14日に第1子男児の誕生を報告した。公私ともに順調に見えたものの、2019年8月に飲食店を経営する夫が知人の男性を脅して35万円を振り込ませたことが発覚し、10月に恐喝容疑で逮捕された。その現場に道端アンジェリカも同席したことから共謀を疑われてしまう。

昨年10月4日に放送されたTOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』で道端アンジェリカの夫が恐喝容疑で逮捕されたことが話題になると、NSC11期生で放送作家の野々村友紀子が「せっかく三姉妹で頑張ってたのに、これで何かなったら二姉妹になったらどうすんねん」と心配していたものだ。

このたびインスタグラムを更新した道端アンジェリカは、動画によるメッセージで昨年10月23日に恐喝容疑で書類送検されたことについて「事件になるようなことは一切なく隠すことも何もなかったので、映像など出せるデータを全て出し、捜査に全面協力いたしました」と説明して、10月25日に東京地検が不起訴としたことで「事件がなかったことを認めて頂いております」と容疑が晴れたことを改めて確認した。

その上で芸能活動再開に向けて「今回のことを真摯に受け止め、一人の女性として、母として、そしてモデルとして再スタートを切りたいと思います」と強い意志で話し、「モデルである私にとって大切で大きなチャレンジが一つ決まっております」と復帰後の仕事について近いうちに具体的な報告ができるだろうと明かした。

またインスタグラムに投稿したテキストでは「これから先のことですが、私は今まで所属していた事務所を辞め、独立することにしました」と報告しており、「モデル道端アンジェリカとして、一人でゼロからスタートしていきたいと思います。微力ではありますが、少しでもみなさまのお役にたてるよう、そしてモデル活動や社会貢献活動を通してまたみなさまを幸せにできますように努力いたします」という。

フォロワーからは「待ってましたぁー朝からHappyになれました! 応援しております」、「時には羽目を外し過ぎて失敗する時もあります。前を向いて進んで下さい。応援してますよ」といった活動再開を歓迎する声が多く、「これからも頑張ってください 道端三姉妹で揃ってご活躍されることを待ち望んでいました」と期待する声も見受けられた。

「道端三姉妹」と言えば道端カレン道端ジェシカはトライアスロンやマラソン大会に度々参加しており、道端アンジェリカも2013年12月にインタビューで「毎日走ってますよ。8~10キロは走ります」と話していた。三姉妹でライフスタイルも似てくるようだ。

また姉・道端ジェシカは母親がUNICEF(国連児童基金)に募金を続けていることを知って感銘を受け、20代からボランティア活動を積極的に行うようになったという。2011年3月11日に東日本大震災が発生すると15日に震災復興の救済義援金活動のため「TEAM JESSICA」を立ち上げ、同年9月には国連UNHCR協会を通じてネパールのブータン難民キャンプを訪問しており、そうした活動が認められて2015年1月28日に20代、30代の次世代リーダーに贈られる「第6回若者力大賞」を受賞した。

今回、活動再開を報告するなか「モデル活動や社会貢献活動を通してまたみなさまを幸せにできますように努力いたします」と決意を新たにした道端アンジェリカ。自ら「乾癬(かんせん)」という皮膚病の患者であることを公表しており、2018年には「10月29日は世界乾癬デー Follow your heart」の啓発イベントで患者のためのファッションショーをコーディネートした。2018年10月25日にインスタグラムで「世界乾癬デー2018 メディアイベント」に登壇した姿を投稿して、「今年も参加させていただきました。一人でも多くの方が乾癬への理解を深めてもらうことで私達患者はとても前向きに、そして気持ちが楽に生活できます。乾癬は絶対にうつりません。同じようにみんなと生活ができます」と呼びかけた。

さらに2019年4月2日には、環境汚染問題を考えて自宅でプラスチックのストローを使わずチタンのストローを用い「ウーバやコンビニでもスプーンなどのプラスチックのカトラリーはいらないとお断りをしてます」と明かすなど、世の中のためを思う言動から母親や姉の影響がうかがわれたものである。



画像2、3枚目は『道端アンジェリカ 2018年7月21日付Instagram「最近は家族が毎日会いに来てくれて、この子もとっても喜んでます」、2019年10月2日付Instagram「タキシード専門店 @tuxedo_atelier_rossonero 10周年パーティー」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ