12歳少女による犬8頭の“コンガライン” 世界記録を達成した動画が拡散中(独)<動画あり>

ドイツ在住の少女が達成した「最も多くの犬によるコンガライン(Most dogs in a conga line)」の動画が今月10日、ギネス世界記録の公式Facebookで公開され話題となっている。少女はまだ12歳で、この記録のほかにも2つの世界記録を達成しているのだ。『NDTV.com』『Republic World』などが伝えた。

ドイツのシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州ゴケルス(Gokels)在住のアレクサ・ラウンバーガーさん(Alexa Lauenburger、12)が昨年12月8日、8頭の犬によるコンガラインでギネス記録を達成した。

「コンガ」とは行列を作って踊るキューバ発祥のダンスで、アレクサさんが挑戦したコンガラインとは犬が前の犬に両足をかけて列を作り、先頭の犬が最低5メートルの距離を歩くというものだ。

この日、記録に挑戦したのはエマ(Emma)、ジェニファー(Jennifer)、ケイティ(Katy)、マヤ(Maya)、ナラ(Nala)、サブリナ(Sabrina)、サリー(Sally)、スペッキィ(Specki)の8頭で、尻尾をふりながらも記録に真剣に取り組む姿を披露している。

動画ではまず、8頭の犬たちがアレクサさんにスナックをもらって準備を開始。そしてアレクサさんに名前を呼ばれると次々に列をなし、一番大きなサリー(Sally)を先頭に少しずつ前進していく。アレクサさんは始終冷静で、犬たちは「ストップ」の掛け声がかかると見事に静止し、日頃の訓練の成果を十分に発揮した。

『Guinness World Records Kids』によると、アレクサさんが犬の訓練を開始したのは5歳頃で、毎日時間が許す限り犬たちと一緒に過ごしているという。父ウルフギャングさん(Wolfgang)は犬の訓練士で、サーカスのエンターテイナーとして活躍した経験があり、アレクサさんは父にインスパイアされて育ったようだ。ちなみにウルフギャングさんも同日、「犬による後ろ足での10メートル走の最速記録(Fastest 10 m on hind legs by a dog、3.05秒)」と、「犬が30秒でスピンする最多記録(most spins by a dog in 30 seconds、43回)」を達成している。

さらにアレクサさんは同日、「犬が5つのハードルを後ろ足で飛び越えた最速記録(fastest time to jump five hurdles on hind legs by a dog、5.66秒)」と「犬による後ろ歩き5メートル走の最速記録(fastest 5 m backwards walk by a dog、6.73秒)」を達成しており、3つの世界記録保持者となった。

12歳にして驚くべき記録を持つアレクサさんだが、9歳の時にはドイツの才能発掘番組『Das Supertalent』に出演、2019年には英オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント(Britain’s Got Talent)』でゴールデンブザーを獲得。最近では米オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント(America’s Got Talent)』にも出演している。

アレクサさんは成功の秘訣について「犬たちをよく知ることね。そして犬が得意なことを見つけだすことかしら」と語っており、将来は犬を訓練する学校を作りたいそうだ。



画像は『Justdial 2020年6月12日付「8 Dogs Come Together To Set A World Record For Conga. Watch Viral Video」(NDTV)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ