「兵器ではない無二のロボット」がコンセプト 『メカトロウィーゴ』プロジェクト始動!

人気ロボットキャラクター『メカトロウィーゴ』を現実のものにするという目標を掲げた『メカトロウィーゴプロジェクト』が2020年よりスタートしている。
本プロジェクトは、社会環境にも寄与しながら、オリジナル漫画・アニメ・プログラミング学習ロボット・SNSアプリ等、企業が参加できる国際的キャラクターIPとして『メカトロウィーゴ』を育てていこうというもの。

『メカトロウィーゴ』は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの3Dモデリングでも知られる3D造形家・小林和史氏が生み出した人気ロボットキャラクター。小林氏の設定では子供が搭乗する全高260cmのロボットで、過疎地での通学やレクリエーションに利用される。その特徴は、同氏の長年の構想と東日本大震災の発生を目のあたりにして自然に行き着いたという「兵器ではない子供のための平和なロボット」というコンセプトに集約される。

2011年のワンダーフェスティバルで発表された『メカトロウィーゴ』は、デザイン性もさることながら同氏の理念も相まってすぐに支持を集め、千値練社によるフィギュア、ハセガワ社によるプラモデル、WIT STUDIO社によるアニメ等にけん引され、人気キャラクターへと成長してきた。その稀有な魅力とプラットフォーム性に注目し、講談社が発起人となり上記プロジェクトが発足。正式なプロジェクトの発表は2020年秋を予定しており、それに先駆けて、オリジナル漫画連載が開始されることとなった。

第1弾企画『メカトロウィーゴ』初のオリジナル漫画『万能変化メカトロウィーゴ』は、6月16日(火)講談社の「マガポケ」にて連載開始。漫画を担当するのは、新進気鋭の漫画家・山田悠作。単行本1巻は、2020年秋に発売予定だ。

また、オリジナル漫画リリースと同時に、『メカトロウィーゴ』をカスタマイズして遊べるダンスミニゲームアプリ「ダンシングウィーゴ」がAndroidからリリースされる(iOS版は近日公開)。

『万能変化メカトロウィーゴ』の主人公・ソラの乗る機体をベースにしたメカトロウィーゴは、世界的なロボット開発集団・リビングロボット社によってプログラミング学習用ロボットとして開発され、2020年7月から福島県を皮切りに教育機関に導入される。
2020年11月には一般向けに先行限定販売を予定しているほか、漫画連載中に、講談社DAYSNEO、ILLUSDAYSにて「ウィーゴアイデアコンテスト」を開催予定。

「兵器ではない無二のロボット」の、今後の展開に注目していきたい。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ