ガチャガチャ戦国時代! ノンキャラ系カプセルトイ注目の3トレンド

カプセルトイ、いわゆるガチャガチャ。基本電源不要の自動販売機で販売される、プラスチックのカプセルにフィギュアなどの玩具が入っている商品だ。
ちなみにガシャポンはバンダイの、ガチャはタカラトミーアーツの商標となっており、一般名としてはガチャガチャが用いられることが多い。

カプセルトイ業界は今、おそらく何度目かの戦国時代を迎えている。
現在、カプセルトイメーカーはアニメージュプラス調べで約60社。それらが限りある売り場を争い、しのぎを削っている。
アニメ・漫画・特撮などのキャラクターものももちろん人気があるが、ノンキャラものや各社の独自キャラクターものも非常に高い人気を得ている。ノンキャラものはアニメファンではない一般層からも支持を広く得て話題のタネとなることも少なくない。

そのノンキャラものの中でも、特に注目を集めているのが「ネイチャー系」「ミニチュア系」「ギャグ系」である。

ここではアニメージュプラスで過去に紹介し、人気の高かったアイテムを例にその魅力を探ってみよう。

<ネイチャー系:例「すずめばち」>
カプセルトイのライバル的存在である食玩では、1999年に「チョコエッグ 日本の動物コレクション第1弾」が一大ブームを引き起こした。以来、食玩・カプセルトイではリアルなネイチャー系が大きな勢力となっている。
「ネイチャーテクニカラー」シリーズを展開し、社名からしてネイチャー系中心であることをアピールする「いきもん」という会社まである。

そして近年、カプセルトイ最大手にしてキャラクターものの王者バンダイが「いきものシリーズ」でこの分野に乗りこんできた。
「いきものシリーズ」はダンゴムシやマンマルコガネなどの丸くなる生物をフィギュア化、その変形を再現した商品だ。
通常カプセルトイにはカプセルの容積という大きさの限界がある。しかし「いきものシリーズ」は販売機から本体がそのまま出てくるカプセルレスのアイテム(一部保護カバー付きのものあり)になっており、伸ばした状態のダンゴムシで全長約15センチという大ボリュームになっている。

これまでのネイチャー系はサイズは小さいが造形と彩色とリアルさにこだわった固定フィギュアが主流だった。それに対し「いきものシリーズ」は、成形色パーツを大胆に使ったビッグサイズの可動フィギュアという新境地を開拓したのである。

現在「いきものシリーズ」の最新弾としては、丸くならない生物だが「すずめばち」が6月第3週に発売予定だ。オオスズメバチで全幅20センチというその大きさを体感してみていただきたい。

(C)BANDAI


<ミニチュア系:例「カリモク60 ミニチュアファニチャー ver.2」>
実在アイテムのミニチュア。これもカプセルトイのライバルであるトレーディングフィギュアでは、リーメントの「ぷちサンプル」シリーズが人気を博していたが、カプセルトイでもこの分野のアイテムが台頭しはじめて来た。
これらのミニチュア系は、1/12スケールなどの可動フィギュアと組み合わせて楽しめるものもあるが、そうした連携は必ずしも意識されていない。むしろアイテムそのものの再現性を高めること、シリーズ単位での統一感などの方が重視されるようである。

注目株はやはり「カリモク」「ティファール」「トラスコ中山」などのメーカーのアイテムを再現しているケンエレファントであろう。
新作の1つ「カリモク60 ミニチュアファニチャー ver.2」は、木製家具の老舗カリモク社の家具を忠実に再現したアイテム。第2弾であるということは、第1弾が好評であったことの証明でもある。

ちなみにケンエレファントは同じ品物を箱のトレーディングフィギュアでも展開している。この分野はまだ、トレーディングフィギュアの方が主戦場になっているのかもしれない。

<ギャグ系:例「#酔っ払いなう」
ギャグテイストの市井の人物やデフォルメ動物のミニフィギュア。壊れた車を再現したマガイドウの「廃車コレクション」シリーズなどもあり、モチーフは生物に限らない。
キタンクラブの「コップのフチ子」やタカラトミーアーツの「シャクレルプラネット」など、人気を得てそれ自体が新たなキャラクターになっているものもある。

デザインがゆるめの場合もあるが造形自体はしっかりしており、彩色も細部まで施されているものが多い。ギャグであるからこそ、あまりにいい加減な品物だとしらけてしまう。アイデア一発勝負だけではなく、それなりに技術や生産力のあるメーカーのアイテムが存在感を発揮している。それに加え、センスが勝負の分かれ目と言えるだろう。
タカラトミーアーツでは「パンダの穴」というこの分野の専門ブランドを展開している。

アニメージュプラスでは、ブシロードクリエイティブ(TAMA-KYU)の「#酔っ払いなう」の記事が週刊ランキング2位を獲得したことがある。街角でちょっと見かけて、1回だけ回して、それを飾って楽しむというカプセルトイの原点的な面白さが、そこにはあるのかもしれない。

3系統に共通しているのは、一定以上の造形力・生産力が必要とされるということ、そしてターゲット層の年齢が高いということである。それはカプセルトイが日本に上陸した1965年から55年かけて、カプセルトイ全体のクオリティが上がったことと無縁ではない。
無彩色のPVC、いわゆる消しゴム人形の時代からカプセルトイは大きく進化した。これからもその動向に注目していきたい。

(C)BANDAI
(C)KARIMOKU FURNITURE INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)TAMA-KYU (C)NJPW

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ