廣瀬智紀が“雨の日”にしたいデートは?<『HERO~2020~』公開記念インタビュー>

 

俳優の廣瀬智紀さんが主演を務める映画『HERO~2020~』が、6月19日(金)より全国で順次公開を迎えます。

劇作家・演出家の西条みつとしさんが主宰する劇団『TAIYO MAGIC FILM』の旗揚げ公演作品『HERO』を西条さん自ら映画化した本作では、“2年間限定の恋”をめぐる大騒動が描かれます。

秘密を抱えた主人公・飯塚広樹を演じた廣瀬さんに、舞台版との面白さの違いや「仲がいいだけに」意識した共演の皆さんとの撮影の裏話、また、雨の日にしたいデートまで、幅広くインタビューしました。

 

 

 

――舞台の再演『HERO ~2019夏~』を経ての映画化です。舞台版からの変化など、どのようなところを意識して演じられましたか?

 

廣瀬智紀:舞台でやらせていただいた役を映画に持って行く形だったので、演じているキャラクターは一緒ではあるんです。けど、舞台だと引きの画でお客さんは基本的に観ますが、映像になると、撮影でカット割りがあったり、寄ったりとかの変化があります。カットによって、より一層自分が演じるキャラクターの心情を表現できることが、映像での強みだったりすると思いました。繊細な表情のところは意識して臨まなきゃな、と思ってやりました。

 

 

 

――舞台だと全体を観て、ということが主ですもんね。

 

廣瀬:それでも、自分の演じた飯塚広樹という人間は、そこまで大げさにやってしまうと、舞台という大きなお芝居には、あまりハマらなかったんです。もちろん「こぢんまりしないように」という気持ちはあったんですけど、極力、舞台でも、本当に自然にそこにいられるように、というイメージではいました。広樹は本当に普通の人、とでもいいますか。

 

 

 

――病室のシーンでの皆さんの掛け合いが素晴らしかったのですが、現場の空気感はいかがでしたか? リハーサルから、ああいうムードができあがっていったのでしょうか?

 

廣瀬:キャストの方、みんなすごく仲が良いんですよ。すごくいい空気の中でやったんですけど、そこに自分もいたらハッピーな気持ちになっちゃうので、それは(演じる役柄上)いかんなと思い、違う部屋にいたりもしました。

僕は器用なほうではないので、例えば、みんなとワイワイした後、いきなりシリアスなお芝居を、となるとできないんです。自分を戒めつつやっていかないと、作れないような空気がありましたね。……でも、あまりにも仲が良くて、みんなのところに入りたくなっちゃう自分がいるから、たまにそっちにいっちゃうんですけど(笑)。

 

 

 

――仲がいいだけに、お芝居の空気も合う。

 

廣瀬:そうですね。波長もきっと合っていたりして。監督の西条さんとは7~8年の付き合いなんですけど、西条さんの周りって、本当にいい人ばかりなんです。人として素晴らしい方が多いので、舞台で「はじめまして」の方がいたときも、変に構えることもなかったですし。そのような空気の中やっていたので、みんなすぐ仲良くなりました。

 

 

 

――西条監督は本作で長編デビューを飾りましたが、主演でご一緒することはどんな気持ちでしたか?

 

廣瀬:もう、ありがたいです。そもそも、自分の中で西条さんが「長編初」というのは意外で。というのも、劇作家や演出家としていろいろとご活躍されているのを見ているので、「もう撮っているんじゃないかな」くらいの印象だったんです。けど、こうして初監督で、しかも、西条さんの劇団で初演でやっていた作品なので、すごく西条さんの中でも思い入れのある作品ということですよね。自分をこの役で参加させていただいたこと、プレッシャーもありながら、すごくうれしかったですね。

 

 

 

――ほかの作品とはまた違った気持ちになりましたか?

 

廣瀬:そうですね。きっと僕がやった飯塚広樹という役は、若いときにできるような役ではないというか、いろいろな人生経験をふまえて、その人間に表れる人間力がないと、立ち回れない・生きられないキャラクターかなと思っていたんです。西条さんが自分に期待を込めて、そこに僕を置いてくれたのかな、と思いました。

 

 

 

――廣瀬さんは、「HiGH&LOW THE MOVIE」シリーズにおけるMARCO、『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』ヤス・ミッシェルなど、近年新たな側面を見せているような気がします。出演作の幅においての手ごたえなども、今だからできる気持ちもありますか?

 

廣瀬:それこそ20代の役者をはじめた頃から、いろいろな作品を経験させていただいてきた中で、どの作品もがむしゃらに「一生懸命頑張らないと!」という思いから、繋がっていったものがあって。いろいろな作品と出会って、ふと、すべて一期一会なんだと気づいたんです。その作品のそのキャラクターに出会うことは、運命的なものなんだな、と。自分の“一本の道”があったとしたら、出会うことのない作品もたくさんこの世にはあるでしょうけど、その中でひとつひとつ出会っていくことは、すごく幸せなことなんだな、と思えるようになってきました。だから、より愛情たっぷりやれているような気持ちはあるんです。これからも、舞台、映像にこだわるわけではなく、やりがいや面白さ、喜びをそれぞれに見出して挑戦していきたいですね。

 

 

 

――ありがとうございます。ここからは、廣瀬さんのプライベートについても、お聞かせください。『HERO~2020~』の公開が梅雨時期ということにかけて、廣瀬さんが雨の日にしたいデートなど、教えてください。

 

廣瀬:僕、傘をさすのが好きなんですよ。子どものときにも、いろいろな色のビニール傘が好きで、集めたりしていて。ストックしておいて「早く雨にならないかな」と思っている子どもだったんです。雨が降る鎌倉を傘をさして街歩きとか、したいですね。梅雨の時期は紫陽花もキレイですもんね。趣があるじゃないですか。僕はすごくマイペースなので、ゆったりした穏やかな時間を過ごしたくて、そうやってブラブラとお店を見たりするだけでも「いい時間だな」と思えるんです。

 

 

 

――では、キュンとしてしまう女の子の仕草は?

 

廣瀬:うーん……。例えば、間違っちゃったりとか、思いもよらない勘違いで、「え! そうだったんですか!?」ってあたふたしている様子とか、キュンときますね(笑)。素の一面が一番見られる気がします。

 

 

 

――廣瀬さんがこれまでもらった中で一番うれしかったプレゼントは何ですか?

 

廣瀬:ずっと一貫してうれしいのが、ファンレターです。書いている人の気持ちがよくわかるのが手紙だと思っていて。読むときに、その方が書いている姿を想像してしまうというか、「自分のために時間をかけて書いてくれたんだ、あ、新幹線で書いてくれたんだ」とか(笑)、思ったりしますね。いろいろなシチュエーションで、自分に気持ちを届けるために書いてくれていること自体が、かけがえのない時間だなと思うので、すごくうれしいです。

あと、僕は毎日ブログをやっているんです。ブログのコメントを書いてくださる方が多いんですけど、中でも長文を書いてくださる方がいらして。1行でも、一言でも本当にうれしいのに、長いとやっぱりすごくうれしくて読んじゃったりして。……でも、こういうことを言うと「長く書かないと」とか「手紙を書かないと」と思われる方もいるかもしれないんですが、全然そういうことではないので……。

 

 

 

――総じて、廣瀬さんのために費やしている時間がプレゼントとお考えというか。

 

廣瀬:そうです! かけがえのない時間なので。それに対して応えたい気持ちが、純粋に強いです。

 

 

 

――毎日欠かしていないというブログには、こだわりもあったりします?

 

廣瀬:こだわりというか、自分でもびっくりするくらいマメだなと思っています(笑)。ある時間になったら「あ、よし、今日のブログだ!」みたいに、人生の一部になっているんです。毎日のルーティンで、ブログだけは絶対に続けたいと思っています。

 

 

 

――ネタがない日はどうしているんでしょう?

 

廣瀬:そんな日も、いっぱいあります(笑)。でも、どんなにつまらない、何もない日でも、書くことに意義があるし。それこそ、毎日やっているから1日更新がないだけで心配される方も多いんですよ。待ってくださる方もいますので、コミュニケーションツールのひとつとしても、大事にしていきたいと思っています。<取材・文:赤山恭子、撮影:映美/スタイリスト:伊藤省吾(sitor)
ヘアメイク:FUJIU JIMI>

 

 

 

映画『HERO~2020~』は2020年6月19日(金)より、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。

 

出演:廣瀬智紀、北原里英、小松準弥、前島亜美、小早川俊輔、飛鳥凛、伊藤裕一、根本正勝、今立進(エレキコミック)、松尾諭、斎藤工(友情出演) ほか
監督・脚本:西条みつとし
公式サイト:mmj-pro.co.jp/hero2020/

WRITER

  • 赤山恭子
  •        

  • エンタメ雑誌編集部に勤務後、ハリウッド映画の版権を買い付け日本国内で販売するディストリビューターを経て、フリーの映画/エンタメライターに。現在は、監督・俳優のインタビューを中心に、現場取材、映画紹介コーナーほかも担当。相手の心に寄り添い、時に突っ込みながら深めてゆくインタビューが持ち味。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ