テイラー・スウィフト、テネシー州での「人種差別主義者の記念碑撤去」を訴える

米テネシー州の住民である歌姫テイラー・スウィフトが、このほど“Black Lives Matter”抗議者らによって破壊された人種差別主義者の記念碑の再建に反対する見解を自身のInstagramに綴った。

米ミネアポリスで黒人ジョージ・フロイドさんが白人警官に首を9分近くも押さえつけられ死亡した事件を受け、全米で広がった“Black Lives Matter”の抗議デモ。平和的抗議が広がりを見せる一方で、中には暴動が発生したり、人種間の緊張が高まりを見せる地域があるのも事実だ。かつてアメリカ南北戦争(1861~1865年)で奴隷制度の維持を主張する南部連合(アメリカ連合国)に所属していたバージニア州やノース/サウスカロライナ州、ミシシッピー州などでは「当時の白人至上主義を連想させる」として、南部連合支持者の記念碑がこのたびの抗議デモで標的となり次々と破壊された。

歌姫テイラー・スウィフトが住民であることで知られるテネシー州も、かつて南部連合に所属した州の1つである。ジョージ・フロイドさん死後には、首都ナッシュビルの州議会議事堂前にあった白人至上主義の新聞編集者エドワード・カーマックの記念碑が人種差別撤廃を求める人々によって破壊された。テイラーはテネシー州内にあるかつての奴隷制度を色濃く残す記念碑は撤去すべきだとして米時間12日、自身のInstagramに長文メッセージをアップした。

「この州内に、凶悪な人種差別主義者だった歴史的人物を称える像が立っているという事実にテネシー州の住民として怒りを覚えます。」

「エドワード・カーマックとネイサン・ベッドフォード・フォレストは、テネシー州史上極めて卑劣な人間であり、それに見合った扱いを受けるべきです。」

そう綴ったテイラーは、抗議デモ参加者達によって倒されたエドワード・カーマックの像が今後は再び元の場所に戻される予定であることに言及、黒人のリンチを推奨する過激な論説を執筆し、黒人の地位向上を目指し活躍した女性アイダ・B・ウェルズのオフィスを焼き討ちさせるような白人至上主義者の像を再び立てることは「州予算の無駄使いであり、正しい行いをすべき機会が奪われることになる」と強く訴えた。

テイラーは続けて、南部連合の奴隷商人で悪名高き秘密結社KKK(クー・クラックス・クラン、白人至上主義を掲げる人種差別集団)の結成者だったネイサン・ベッドフォード・フォレストの名前を挙げ、彼の像がテネシー州内にまだ存在していること、そして7月13日が「ネイサン・ベッドフォード・フォレスト・デー」として州の祝日となっていることを激しく非難するのだった。

そして4枚にわたった長文メッセージの最後を、テイラーは次のように記している。

「記念碑を撤去することが、黒人の皆さんが何世紀にもわたって耐えてきた抑圧や暴力、ヘイトを解決するわけではありません。しかし全てのテネシー住民とこの地を訪れる人々が安心して過ごすための小さな一歩に繋がるかもしれないのです。」

「私達は、長きにわたりおぞましいやり方で人種差別を推奨してきた人々に対する認識を、遡及的に“英雄”から“極悪人”へと変えていかなければなりません。そのような“極悪人”を称える記念碑など建てる必要はないのです。」

引き続き人種差別者を称えようとする人達は、テネシー州の黒人住民やその仲間達がその事実をどう受け止めるかを今一度立ち止まって考えるべきであり、たとえ歴史を変えることはできなくてもこの現状を変えていくことは可能なはず―と痛切に訴えるテイラーであった。

画像は『Taylor Swift 2019年11月24日付Instagram「@kevinmazur @johnshearer」、2020年6月12日付Instagram「I’m asking the Capitol Commission and the Tennessee Historical Commission to please consider the implications of how hurtful it would be to continue fighting for these monuments.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ