『死神遣いの事件帖-傀儡夜曲-』主演の鈴木拡樹、手ごたえを感じたのは「エビ天」を食べるシーン!?

dwango.jp news

2020/6/11 12:00


映画と舞台を連動させた新時代劇エンターテインメント「東映 ムビ×ステ」企画第2弾が早くも登場。6月12日(金)より全国公開となる映画『死神遣いの事件帖-傀儡夜曲-』で主演を務めるのは鈴木拡樹。物語の舞台となるのは三代将軍・徳川家光の時代。鈴木が演じる“死神遣い”の探偵・久坂幻士郎のもとに、ある女の行方を捜してほしいという依頼が舞い込む。早速、調査を開始する幻士郎と死神の十蘭(安井謙太郎)だが…。今回ドワンゴジェイピーnewsでは主演の鈴木に直撃インタビューを行った。

――まずは映画『死神遣いの事件帖-傀儡夜曲-』のオファーがあったときの感想から教えてください。

「第1弾の『東映ムビ×ステ』には共演したことのあるキャストがいたので、企画自体は知っていたんです。こういう企画って第1弾の成功あっての第2弾じゃないですか。だから第1弾を引き継ぐ形になるので頑張らなきゃって思いが強かったですね。それに世界観が現実離れしているようで結構、現実も取り入れている作品で。オリジナル脚本なんですが、イメージの膨らませ方は2.5次元での舞台と似ているなって感じました。徳川三代目の時代、もしかしたら死神遣いって職業があったのかもしれない、でも死神を遣うってどういうことだろう? 死神を遣うってことは命の契約をしているよな、とか(笑)。撮影に入る前、そうやっていろいろと考える作業は楽しかったです」




――そして今回演じるのが江戸で探偵業を営む死神遣いの久坂幻士郎。どんなキャラクターですか?

「ひと言でいうと適当でちゃらんぽらん(笑)。でも、死神遣いとしてはとても優秀なのでそのギャップを見せられるキャラクターなのかなぁと。あとはお金に執着が強くて、自分の状況が悪くなると見て見ないふりをしたり。主人公としてはひどいんですけど(笑)、仕事モードに入った瞬間、実力を発揮するところはカッコイイのかなって思いました」

――柴﨑貴行監督とは、キャラクターを作るうえで話をされたんですか?

「はい。最初はちゃらんぽらんなところがあるので、気の抜けたしゃべり方にしたほうがいいのかなって思っていたんです。でも監督と打ち合わせをしたとき、『ルパン三世』みたいな色気を出して欲しいと言われて。自分がそういう色気を出すなら、どうすればいいのかってところから考え始めました」



――すぐにイメージ通りの幻士郎は出せたんですか?

「いえいえ、とても難しかったです(笑)。今まで演じてきた役の中でも、かなり難しいキャラでした。監督のイメージに近づけるにはどうしたらいいんだろうって、すごく迷って。撮影をしながら、監督の意向を聞きつつ調整を重ねていったって感じです」

――それが自分の中で手ごたえを感じたシーンというと?

「エビ天を食べているシーン(笑)。おそらく幻士郎ってエビが好きなんですよ。これは台本にもない自分だけの裏設定なんですけどね。そこを撮ったとき、しっくりときました」

――長髪の幻士郎もとても新鮮でした。

「あれって半分地毛で、後ろの毛はエクステなんです。撮影前、時代モノで地毛も使うって聞いていたので髪を伸ばしていたんですよ。『ここはグリーン・ウッド~青春男子寮日誌~』('08年)でエクステを付けたときはあったんですけどね。今回は撮影後にはエクステを外していただいたので、あのときよりはちょっと楽だったかもしれません」

――そんな幻士郎の相棒が、死神の十蘭。

「普段は人形バージョンの十蘭を首からぶら下げているんです。その十蘭人形がよく出来ていて。腕とか目、眉毛も可動するんです。でも走った後、カットがかかると、よく眉毛が勝手に下がっていて。だから撮影後は“十蘭は大丈夫でしたか?”ってスタッフに確認していました。十蘭人形はすぐに困った顔になりがちのドールでしたね(笑)」

――十蘭を演じた安井謙太郎さんとは初共演だったんですよね?

はい。撮影初日に初めてお会いしたんです。でも、会った瞬間、“あ、大丈夫だ”って思いました。とにかく空気の作り方がうまいというか。ユニットでリーダーをやっているというのもあるかもしれませんが、気を使うことなく接することができて。人形のシーンで画面には映ってないときも、常に安井くんは現場にいてくれましたし。一緒に演じてとてもやりやすい相棒でしたね」

――吉原遊郭の惣名主を父にもつ侠客のリーダー、庄司新之助を演じたのは崎山つばささんでした。

「今作におけるつばさくんは僕の好きなテイストのつばさくんでした。きっと共感してくださる人もいると思います。もしかしたら、つばさくんはそう見せようとしてないのかもしれないけど、彼独特の色気の出る瞬間があって。それが今回、とても出ているのかなって感じました。やんちゃで無鉄砲な新之助につばさくんの色気が重なって。すごく…すごく魅力あるキャラクターに仕上がっていました」

――ちなみに死神の十蘭は普通の人には見えない存在。鈴木さんは見えない存在を見たことはありますか?

「いわゆる心霊体験ってことですね(笑)。それがないんですよ。何か気配を感じる…って思って振り向くことはあっても見えた試しはありません。ただ舞台をやっていると、劇場ってよく出るって噂を聞くことがあって。そうかもしれないって出来事は遭遇したことがあります。共演していたキャストが舞台袖でスタンバイをしているとき、足首を誰かにつかまれたらしくて“おい、やめろよ。今集中しているんだから”って後ろを振り向くと誰もいない…みたいな。僕は離れた場所でそれを見ていて“何をやっているんだ?”って思ったことがあるんです」

――その共演者というのは?

「椎名鯛造くんです(笑)」

――撮影場所は京都の東映太秦映画村でした。

「撮影に入る前はちょっとびびっていたんです。でもスタッフさんたちはみなさん、優しい方ばかりでした。それと太秦の中に食堂があるんです。みんなでよくご飯を食べていたんですが、ほかの作品の方もいるので、あまりほかでは味わえない雰囲気でしたね。我々も一応、時代劇ではあったんですが、ちょっと風変わりな衣装だったので“あれ、何を撮っているんだろう?”って空気も感じました(笑)」

――食堂でよく食べたメニューというと?

「ラーメン。ゆずが効いていてすごくおいしいんですよ。こんなおしゃれなラーメンが太秦で食べられるとは思いませんでした。あとはスタッフさんから教えていただいた撮影所近くにある喫茶店のカレー。マスターも優しくて、なんか町全体が太秦を応援している温かい空気が感じられたので、すごく良かったです」

――では映画の最大の見どころというと?

「いや、これが難しいんですよね。時代劇、特撮、サスペンスにコメディー要素もあるので、それぞれ見どころがあって。でも個人的には事件を解いていく幻士郎がポップに描かれているので、そこを楽しんでほしいです」

――7月23日からは舞台『死神遣いの事件帖-鎮魂侠曲-』が開幕予定となっています。

「演出家の毛利(亘宏)さんは僕も大好きな演出家なので、ちょっとこのカンパニーがうらやましいところがあります。なので、ぜひ稽古場にも遊びに行きたいって思っていて。そのときつばさくんにはプロテインを持っていくつもりです」

――なぜプロテイン?

「舞台『幽☆遊☆白書』に出ているとき、つばさくんは筋トレにハマっていたんですよ。だから今、必要としているのはプロテインかなって(笑)。あとは怪我をしないよう注意して楽しい作品をみなさんに届けて欲しいなって思います」

映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』

公開日:6月12日(金)

出演:鈴木拡樹

安井謙太郎、崎山つばさ、鈴木絢音(乃木坂46

押田 岳、松浦 司、松本寛也、北川尚弥

高田里穂、田邉幸太郎、萩野 崇、陳内 将

山口馬木也、堀内正美、高田聖子

脚本:須藤泰司

監督:柴﨑貴行

配給:東映ビデオ

文:今 泉

写真:稲澤朝博

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ