【連載】大容量でも1000円以下で!段ボールで作る「麻かご風収納ケース」

folk

2020/6/11 02:00

好きなサイズの段ボールで作る麻かご風収納ケース


すてきにかごを使っている方を見るととても素敵だなあと思います。

かご収納は永遠のあこがれ。でも、大きなかごは価格やのちのことを考えるとちょっと躊躇しますね。そこで、今回は段ボールでかごを作ってみました。

材料


かご風収納ケース

https://folk-media.com/

今回、我が家でははでなピアニカなども入る箱が欲しかったのでホームセンターでサイズの合う段ボールを探しました。

これは農業資材の場所で見つけたキャベツ用の段ボール。サイズはW57×D33×H20。

深さもなく、長さがあって学校用具がほとんど入りそうです。麻ひもはひもというよりロープの太さのものを。

今回は8mmタイプです。120mほどで980円。こちらは園芸資材のところに木の根をまくようのひもとして売っていました。

このほか、グルーガンや必要に応じてニスなどです。

作り方


かご風収納ケース2

https://folk-media.com/

まず段ボールは布ガムテープでしっかりと固定します。十字に止めると強度アップ!

かご風収納ケース3

https://folk-media.com/

キャベツの段ボールは蓋が完全に閉まらないタイプ。これもちょうどよかったです。

中に折り込んでおきます。浮くようならテープでしっかりとめて。

かご風収納ケース4

https://folk-media.com/

ここからはひたすら麻ロープを止めていく作業です。

これがまた修行のようですが(笑)慣れてくるとすごく楽しいです。

かご風収納ケース5

https://folk-media.com/

グルーガンでグルーをだしたら、すばやくその上に麻ロープを載せていきます。

かご風収納ケース6

https://folk-media.com/

自分たちの収納ケースなので、もちろんお手伝いしてもらいました!隙間があまりできないように気を付けて。

なみなみになっていたり、うねっていたりするのですこしまっすぐにならしながらとめると仕上がりがきれいですよ。

かご風収納ケース7

https://folk-media.com/

あと少し!取っ手の部分は今回は埋めてしまいました。もし使う場合には、その部分だけロープを切って、切り口はしっかりグルーで止めれば大丈夫。

一番上まできれいにまきたいところですが、麻ロープも太さがまちまちだったりするのでピッタリとはいかない場合が多いです。

なので、一番上より少し下で終わりにして大丈夫です。この時点で麻ロープは半分ほど残っていました。

もうひと箱作る予定なので、ちょうどよさそうです。

かご風収納ケース8

https://folk-media.com/

上の部分はリネンなどの布を用意します。今回は幅20cmくらいにしました。

かご風収納ケース9

https://folk-media.com/

一番上の段にグルーガンでリネンをとめていきます。

かご風収納ケース10

https://folk-media.com/

中に折り込んで、浮きそうならグルーガンでとめてくださいね。

かご風収納ケース11

https://folk-media.com/

完成!横から見ると段ボールってわかりません!

底は段ボールのままなので強度もあり、収納するときもスムーズです。

収納してみました


かご風収納ケース12

https://folk-media.com/

今回使ったキャベツボックスにはほとんどの学用品が入りました!ピアニカ、リコーダー、絵の具、習字道具、工作版、彫刻刀、お裁縫セット。

ここに冬しか登場しないジャージも入りそうです。

かご風収納ケース13

https://folk-media.com/

習字道具などは大きいので高さは足りていないですが高いところに置くとそれも見えないです。

視線より上に置く時には多少はみでても大丈夫です。

かご風収納ケース14

https://folk-media.com/

長女に荷物を取ってもらったら、いつもの脚立にのぼって問題なく奥の習字道具を手に取ることができました。

箱が浅いことで取り出しやすさもあるようです。

かご風収納ケース15

https://folk-media.com/

正面から見ても麻かご風にみえます。

かご風収納ケース16

https://folk-media.com/

もともと高いところに置く予定だったので、布も20cmほどの幅にしましたが、中が見える状態で作る際には長さを調節してみてくださいね。

簡単にできる収納ボックス


ロープをグルーガンでとめるというとても簡単な方法ですが、かなりかごに見えるしなんといっても好きな大きさのかごが手に入るのがいいです。

収納用品、欲しいサイズ、欲しい質感のものを探すのはとても大変なので、かごがいいけどいいサイズがないな・・・欲しいサイズは高いな・・・という時にぜひご活用ください。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ