“Silence is Violence(沈黙は暴力)” 話すことは出来ないけど黙っていられないと抗議デモに参加した犬たち

ガジェット通信

2020/6/10 13:00



「Black Lives Matter(ブラック・ライヴズ・マター、アフリカ系アメリカ人の命だって重要だという意味)」をスローガンにアメリカの各都市で広がり続ける抗議デモ。

ワシントンD.C.の道路に巨大な「Black Lives Matter(ブラック・ライヴズ・マター)」の文字が出現

https://getnews.jp/archives/2573886

人間のように言葉を発することが出来ない犬たちも、“Silence is Violence(沈黙は暴力、何も言わないのは暴力行為と同等という意味)”と言わんばかりに、サインボードを咥えたり首から下げたりして抗議デモに参加しています。

https://twitter.com/jasminericegirl/status/1269116026890969090

https://twitter.com/jasminericegirl/status/1269116108495339520

https://twitter.com/jasminericegirl/status/1269116186245169152

https://twitter.com/jasminericegirl/status/1269379893546156033

https://twitter.com/jasminericegirl/status/1269385419038306309

とあるTwitterユーザーが、サインボードで“意思表示”する犬たちの写真を多数投稿しています。

「Black Lives Matter」のサインボードだけでなく、「パグ(PUGS)はピッグ(PIGS、警察官の蔑称)に反対」「人種差別主義者はオレに触れるな」「平等のために吠えろ」「人種差別主義者は噛むぞ」といった犬ならではのサインボードも目につきます。

様々な犬種やサインボードをもっと見たい方は以下のリンクからどうぞ。

thread of very good dogs protesting for justice

https://twitter.com/jasminericegirl/status/1269116026890969090[リンク]

※画像:Twitterより引用

https://twitter.com/jasminericegirl/status/1269116026890969090

(執筆者: 6PAC)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ