初対面の時に男の好感度をぐっと上げる4つの方法

カナウ


初対面の時に男の好感度をぐっと上げる4つの方法

合コンや飲み会、お見合いパーティーなど、恋人や将来の結婚相手を探すべく、婚活にいそしんでいる人も多いでしょう。
その時に重要になるのが初対面の印象です。
なぜ婚活などの出会いの場において初対面の印象は重要なのでしょうか? またどのようにして初対面の印象を上げればいいのか、まとめました。
初対面で好感度を上げたい!
合コンや飲み会、お見合いパーティーなどの出会いの場に行く時に、恋愛対象になるかどうかは初対面でほとんど決まっていると言っても、過言ではありません。
なぜ初対面の印象が大切なのでしょうか?

目次

なぜ初対面の印象が重要なのか?


初対面のときに相手に抱く第一印象は、心理学では初頭効果と呼ばれ、第一印象がその後のその人の評価や好感度を大きく左右します。
第一印象が悪ければ、挽回するのは難しくなりますし、逆に第一印象が良いとどんなことがあっても好意的に受け入れてもらいやすくなります。
ここからは、初対面で好感度を上げる方法をご紹介していきます。
どうすれば初対面の第一印象を良くすることができるのでしょうか?

(1)笑顔でいる


初対面で仲良くなりたいと思ってもらうためには、明るく感じのいい人に見せること。自然な笑顔を心がけることで、話しかけやすい雰囲気が出ます。
初対面の印象をアップするために、日頃から笑顔の練習をしましょう。笑顔になるのが苦手な場合は、口角を上げるだけでも印象は大きく変わります。
笑顔を作ろうと、無理に目を見開いて、手を大きく叩いて爆笑するのは逆効果。むしろ話しかけにくい雰囲気になってしまいます。何か楽しいことを思い出し、にっこり微笑む程度にしましょう。
また会話の語尾の部分に笑顔を心がけることで、話しながらも自然な笑顔になります。

(2)姿勢を正す


初対面で好印象を持ってもらうには、姿勢を正すこと。まっすぐ正面を向いて、軽く顎を引き、背筋と胸を張って、腹筋に力を入れます。
天井から釣られているような意識で立つことで、正しい姿勢を意識できます。姿勢がいいだけで明るく凛とした印象になります。

(3)自己紹介を30秒でまとめる


初対面で興味を引くには、自分のことを知ってもらうこと。話す時間があるなら、自己紹介を簡単に30秒でまとめます。
名前や出身地や職業、どのあたりに住んでいて、休日は何をしていて、どんな趣味があって、将来はどんな夢があるのかなどを簡潔にまとめましょう。
自己アピールが上手になると、短い時間で確実に自分の魅力や情報が相手に届きます。
スムーズに自己紹介ができるようにタイマーを片手に練習をしてみましょう。

(4)清潔感を心がける


初対面で悪い印象を与えるのは、不潔な印象を受けること。汗臭いなどの変な臭いや、洋服にシワや汚れがついていると、「お風呂に入っているの?」や「洗濯してないの?」という嫌な印象を与えます。
初対面でマイナスな印象を避けるために、清潔感を心がけましょう。入浴後でも髪のセットや新品や洗濯したての洋服の着方によっては、不潔に見えるときもあります。外出前や出会いの場に参加する前には全身鏡を見て、チェックしましょう。

初対面の第一印象が重要!


初対面で好感を抱いた相手とその後、恋愛関係に発展するかどうかは初めて会った時にほぼ決まっていると言っていいでしょう。
「外見ではなく、内面を見てほしい」と思っても、最初の段階でプラスの印象を持ってもらわないとその後、挽回するのは難しいです。初対面で好印象を持ってもらうようにできる限りのことはしましょう。
(番長みるく/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ