チョコプラ長田、『キングダム』王騎に見えるの声に「ホンマにいける」 松尾は続編に渕役で出演希望

両手を水平に伸ばして「T」の文字を作り、周囲にある「T」の文字を探し出す「TT兄弟」でお馴染みのお笑いコンビ・チョコレートプラネット。他にも長田庄平は狂言師・和泉元彌、松尾駿は美容家・IKKOのモノマネも人気だ。その2人が『キングダム』で自分たちにぴったりの登場人物を見つけたようだ。

8日深夜放送のラジオ番組『チョコレートプラネットの東京遊泳』(文化放送)で、松尾駿が「ちょっとした話なんですけど、映画の『キングダム』、たまたまこの間やってるのを見て…めちゃくちゃ面白いね」と切り出した。5月29日に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で地上波初放送されたが、同放送は高視聴率16.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録しており、漫画を読んだことがない松尾も吉沢亮見たさに視聴したそうだ。

放送後に松尾が「ケータイいじっていたら、『王騎の大沢たかおさんが長田さんに見える』ってめちゃめちゃあって。そう言われれば、そうだなって」と、ネット上に大沢たかおが演じた「王騎」が相方・長田庄平に似ているという声をいくつも見つけたという。これに長田は「大沢さん、役作りのためにパンプアップして、15kgから20kg太ったって。ちょうど俺の感じにフィットした。ムチッとした感じに。これちょっとホンマにいけるな」と自身でも手応えを感じているようだ。確かに「大沢たかおがチョコプラ長田さんに見える…」「キングダムにチョコプラの長田がでてる?」「キングダムの大沢たかおさんが、チョコプラの長田さんに見えるのは、私だけでしょうか?」「王騎役の大沢たかおがチョコレートプラネット長田に見えて1人爆笑」などのツイートが見受けられる。

「カッコよかった。面白かったー」と松尾はそうとう気に入ったようで、「また映画撮るんでしょ、あれ、続編。出れない?」と続編に出演したいと言い出した。すると長田が以前に松尾が『キングダム』の飛信隊副長・渕(えん)をマネしたことを指摘。松尾も「あー、だいぶ前だよね」と思い出した。松尾がおかっぱ頭だった頃に漫画の表紙にある渕のマネをしたのだが、長田は「ツイッターに上げたら、あれ原先生が反応したんだよ」となんと作者の原泰久氏からリアクションがあったという。

続編に渕が出てくるだろうと予想する長田は「ひょっとしたらおかっぱに戻したら渕さん役くるかも…」と淡い期待をしたが、長田によると「渕さんは今、めっちゃ強くなっているからね」と言い、松尾よりもごつくていかつい体型で身長も高いのではないかと推測した。これに松尾は「髪伸ばすかー。パンプアップかー」と課題を挙げるも、長田は「顔のテイストはホント松尾なのよ」と顔には太鼓判を捺した。松尾は「お声かからないだろうけど、原先生、もし声かけていただけたら…」と原氏に呼びかけた。

渕に似ている芸能人と言えば、以前にスマートフォン向けゲーム『キングダム乱 ~天下統一への道~』のPR WEB動画で、イジリー岡田が渕の再現度が高いと絶賛されていた。やはりこの特徴ある髪型は必要不可欠のようだ。近頃は俳優・梅沢富美男のマネをしている松尾駿だが、松尾が渕を、長田が王騎をマネして2人で『キングダム』を演じる可能性もありそうだ。

画像2枚目は『映画『キングダム』公式アカウント 2019年10月31日付Instagram「【#キングダム名言集】―振り返り―「また、熱い時代が来ようとしているのかもしれませんね」」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ