【米ビルボード・ソング・チャート】ダベイビー&ロディ・リッチ首位浮上、セイント・ジョンが初のTOP10入り

Billboard JAPAN

2020/6/9 10:40



ダベイビーの「ロックスター feat.ロディ・リッチ」が自身初のNo.1を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

先週3位に上昇した「ロックスター」は、週間3,480万回を記録してストリーミング・チャートで3週目の1位をマーク。11,000ダウンロードを記録して、デジタル・ソング・セールス・チャートでは5位から4位に、前週から22%増の2,000万回までオンエア数を伸ばし、エアプレイ・チャートでは44位から36位にそれぞれ順位を上げ、首位に到達した。その他、R&B/ヒップホップ・ソング・チャート、ラップ・ソング・チャートでも1位を獲得している。

ダベイビーがソング・チャートで首位を獲得するのは初の快挙で、「ロックスター」以前の最高位は昨年リリースした「Suge」の7位だった。TOP10入りしたのは2曲だが、Hot 100にランクインしたタイトルは38曲ある。アルバム・チャート“Billboard 200”では、昨年リリースした『カーク』と、同曲が収録されたアルバム『ブレイム・イット・オン・ベイビー』が首位を獲得している。

ゲストとして参加したロディ・リッチは、今年の1月18日~3月28日付チャートまで、通算11週を記録した「ザ・ボックス」(今週9位)に続く2曲目の首位獲得。いずれもリード曲ではないが、今年はその他にもアリアナ・グランデが2曲を首位に送り込んでいる。

今週「ロックスター」が新たな1位を獲得したことで、6週間連続で首位のタイトルが入れ替わった。これまで最も多く入れ替わった年は1990年の7週で、その記録にリーチをかけたことになる。

5月9日 トラヴィス・スコット&キッド・カディ「ザ・スコッツ」
5月16日 ドージャ・キャット「セイ・ソー feat. ニッキー・ミナージュ」
5月23日 ジャスティン・ビーバー&アリアナ・グランデ「スタック・ウィズ・ユー」
5月30日 ミーガン・ジー・スタリオン「サヴェージ feat. ビヨンセ」
6月6日 レディー・ガガ「レイン・オン・ミー with アリアナ・グランデ」
6月13日 ダベイビー「ロックスター feat.ロディ・リッチ」

コラボレーションによる楽曲が6曲連続で1位を獲得したのは歴代最多で、2016年~17年に5曲連続で入れ替わって以来、およそ3年ぶりに記録を更新した。

シーア「チープ・スリルズ feat. ショーン・ポール」(2016年8月6日~8月27日)
ザ・チェインスモーカーズ「クローサー feat. ホールジー」(2016年9月3日~11月19日)
レイ・シュリマー「ブラック・ビートルズ feat. グッチ・メイン」(2016年11月26日~12月31日)
ザ・ウィークエンド「スターボーイ feat. ダフト・パンク」(2017年1月7日)
ミーゴス「バッド・アンド・ブージー feat.リル・ウージー・ヴァート」(2017年1月21日)

なお、「ブラック・ビートルズ」は2017年1月14日付チャートでも1位を獲得しているため、同一アーティストの記録を含めると6曲連続ということになる。

ダベイビーが所属する<インタースコープ・レコード>からは、先週1位に初登場したレディー・ガガの「レイン・オン・ミー」に続き、2曲が連続で首位を獲得。所属アーティストの記録では、2009年にガガの「ポーカー・フェイス」、ブラック・アイド・ピーズの「ブン・ブン・パウ」と「アイ・ガッタ・フィーリング」で3曲連続の快挙を達成している。

その「レイン・オン・ミー」は、ダウンロード数が前週から91%も減少し、1位から5位にダウンした。一方ラジオは好調で、前週比59%増の1,760万回を記録し、エアプレイ・チャートでは41位に初登場している。また、ダンス/エレクトロニック・ソング・チャートでは、2週目のNo.1をマークした。同曲が収録されたアルバム『クロマティカ』は、今週のアルバム・チャートで自身6作目のNo.1デビューを果たしている。

ミーガン・ジー・スタリオンの「サヴェージ feat. ビヨンセ」は、セールス、ストリーミングが若干減少したものの、主要ポイントを安定させ今週も2位をキープ。ザ・ウィークエンドの「ブラインディング・ライツ」も依然強く、エアプレイ・チャートでは9週目、R&Bソング・チャートでは12週目のトップを維持し、4位から3位へTOP3復帰を果たした。

今週新たにTOP10入りしたのは、米ニューヨーク出身のシンガー/ラッパー=セイント・ジョンの「ローゼズ」。前週から15%増の1,670万回を記録して、ストリーミング・チャートでも14位から9位にTOP10入りした他、セールス・チャートで9位から7位、エアプレイ・チャートでは25位から22位にそれぞれ上昇し、先週の14位から10位に自身初のランクインを果たした。

「ローゼズ」は、4年前の2016年7月に発表した曲だが、昨年9月にリリースしたDJ/プロデューサーのイマンベックによるリミックスが動画アプリTikTokでブレイクし、順位を上げてきた。今週ポイントが急上昇したのは、ラッパーのフューチャーによるリミックスが5月27日にリリースされたため。「サヴェージ」や「セイ・ソー」もそうだが、上昇してる絶好のタイミングでリミックスを発表し、上位を狙うアーティストが増えている。なお、制作予定だったミュージック・ビデオの撮影費用を、ブラック・ライヴズ・マターの資金として寄付するとした。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは6月12日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100】トップ10
1位「ロックスター」ダベイビーfeat.ロディ・リッチ
2位「サヴェージ」ミーガン・ジー・スタリオンfeat.ビヨンセ
3位「ブラインディング・ライツ」ザ・ウィークエンド
4位「セイ・ソー」ドージャ・キャット
5位「レイン・オン・ミー with アリアナ・グランデ」レディー・ガガ
6位「トゥージー・スライド」ドレイク
7位「ドント・スタート・ナウ」デュア・リパ
8位「インテンションズ」ジャスティン・ビーバーfeat.クエイヴォ
9位「ザ・ボックス」ロディ・リッチ
10位「ローゼズ」セイント・ジョン

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ