『アナと雪の女王2』、Disney+でサブスク初解禁 新ビジュアル&予告編到着

 大ヒットディズニー映画『アナと雪の女王2』が、6月11日の定額制公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の日本でのサービス提供開始と同時に、初のサブスク配信されることが決定した。

アニメーション映画史上歴代No.1の全世界興行収入14億5000万ドルを記録し、国内でもディズニーの数あるフランチャイズの中で最も成功を収めた“アナ雪”シリーズの最新作『アナと雪の女王2』を、6月11日(木)よりサブスク初配信を開始します。本作が定額制動画配信『アナと雪の女王2』。定額制動画配信サービスへの登場は国内初となり、Disney+の日本でのサービス開始のために、異例の早さでのサブスク配信となった。

これにより、Disney+では映画『アナと雪の女王』『アナと雪の女王2』などの劇場公開作品をはじめ、短編アニメーション、貴重なドキュメンタリー、そして“アナ雪”がテーマのフルオーケストラのコンサートまで、全18作品、55話、総時間数約35時間の関連作品が一挙に配信となる(※一部作品は7月から配信開始)。

特に、“アナ雪”の熱狂的なファンへの豪華なラインアップには、アナのお誕生日を描いた短編『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』や、日本でも人気の癒しキャラクター・オラフが主人公の短編『アナと雪の女王/家族の思い出』などが含まれ、また、日本中に大旋風を起こした名曲「Let It Go~ありのままで~」をはじめとする、 “アナ雪”音楽ファンには、オーケストラ・コンサート『ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2016』など、豪華なラインアップが、いつでもどこでも何度でも見放題で楽しめるようになる。

さらに7月3日から、『アナと雪の女王2』の完成を目指して奮闘するクリエイターたちに密着した60分×全6話の完全ドキュメンタリー『イントゥ・ジ・アンノウン~ 「アナと雪の女王2」メイキング』が一挙配信決定。ウォルト・ディズニー・アニメーション作品を作るために必要なチャレンジや、驚くべきブレイクスルーの瞬間、芸術的才能や創造力、そして製作の難しさをカメラが初めて捉え、大ヒット映画の秘密がDisney+で初めて公開される。

ディズニーの定額制公式動画配信サービス「Disney+」は、6月11日より提供開始。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ