エマ・ワトソン、「構造的かつ組織的な人種差別」と闘う意思を表明

 映画『ハリー・ポッター』シリーズの女優で、フェミニズム活動などにも取り組むエマ・ワトソンが、米国人男性死亡事件を受けて、人種差別問題に対する自身の意見をインスタグラムで明かした。エマは白人至上主義や体系的な人種差別と闘う意思を見せている。

自身のインスタグラムに投稿したメッセージの中で、「過去も現在も認識されていない、あるいはうやむやになっている計り知れない人種差別が存在します」とエマ。「白人至上主義は階層と支配、そして搾取と抑圧の体制の1つで、社会に密接に編み込まれています。白人として私はその恩恵を受けてきました…」と語り、「個人として私たちは内面から反差別主義者になる努力を重ねているかもしれませんが、周囲に存在する構造的かつ組織的な人種差別に対外的にも闘わなければなりません」と訴えている。

エマは、無意識のうちに人種差別的な体制を支持してしまう行動について、学んでいる最中だという。近いうちに、理解を深めるためのリソースを自身のイスタグラムのプロフィールやツイッターで共有するとのことだ。

エマはこのメッセージを投稿する前に、SNS上で展開された、人種差別に抗議するブラックアウト・チューズデーに賛同し、インスタグラムに黒い画像を投稿した。白枠を付けたことから一部のネットユーザーに批判されたが、今回のメッセージは、批判が寄せられる前に草稿したもので、「メディアが表現するような謝罪でも、批判に対する反応コメントでもない」と、キャプションにつづっている。

引用:「エマ・ワトソン」インスタグラム(@emmawatson)

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ