カニエ・ウェスト、沈黙破りついに人種差別抗議デモに参加 黒人遺族らに合計2億円超を支援

米時間4日、地元シカゴの公立校に通う学生らとともに抗議デモに参加した、人気ラッパーのカニエ・ウェスト。彼はチャリティー団体に200万ドル(約2億2000万円)を寄付したほか、先月亡くなったジョージ・フロイドさんの娘ジアナちゃん(6)の大学進学費用も支援すると約束し、注目を集めている。

ジョージア州ブランズウィックのアーマウド・アーベリーさんは今年2月、「付近で発生した強盗事件の容疑者に似ていた」「逃走中だと思った」との理由で元警察官の白人親子に猟銃で射殺された。ケンタッキー州ルイヴィルのブレオナ・テイラーさんは3月、捜査中だった容疑者はすでに拘束されていたにもかかわらず就寝中だったアパートに突入され、白人警官によって射殺された。5月には米ミネソタ州ミネアポリスで、ジョージ・フロイドさんが白人警察官におよそ9分間も首を押さえつけられ死亡した事件は、記憶に新しい。

このように警察組織の中に根強く蔓延り、暗黙のうちに見逃されてきた人種差別行為により、アフリカ系アメリカ人が次々と命を落としている事実を受け、現在全米各地で“Black Lives Matter”をスローガンに掲げた抗議デモがさかんに行われている。フロリダ州マイアミではショーン・メンデス&カミラ・カベロが、カリフォルニア州ではアリアナ・グランデやホールジーが、ジョージ・フロイドさんが殺害されたミネソタ州ミネアポリスではマライア・キャリーの元夫ニック・キャノンがそれぞれ抗議デモに参加した。

そんななかカリスマラッパーのカニエ・ウェストも米時間4日、故郷シカゴで行われた抗議デモに参加したことが報じられた。“Justice for George Floyd/CPD out of CPS”とのスローガンを掲げて行われたこのデモは、シカゴの公立校(CPS、Chicago Public Schools)がシカゴ市警(CPD、Chicago Police Department)による警備を廃止することを求めたもので、カニエは市内公立校に通う学生や職員、その家族らとともにシカゴ市警を目指して練り歩いた。なおこのデモはジョージ・フロイドさん殺害事件後、地元ミネソタ大学をはじめとする公立校が、警察による人種差別や暴力に抗議の意を表明し「今後ミネアポリス市警に警備を委託しない」と絶縁状を叩きつけたことを受けたもので、カニエが直接「抗議デモに参加させてほしい」と連絡してきたことを関係者が明かしている。

またカニエはデモに参加しただけでなく、合計200万ドル(約2億2000万円)を複数のチャリティー団体に寄付しており、ジョージさん、アーマウドさん、ブレオナさんそれぞれの遺族に対し裁判費用の負担を約束したほか、地元シカゴなどで経営危機に瀕するアフリカ系オーナーのビジネスを支援する意思を表明したという。代理人が『CNN』に明かしたところによれば、カニエはさらにジョージ・フロイドさんの娘ジアナちゃん(6)の大学進学費用の負担も申し出たとされ、アメリカの教育費積立て制度として知られる「529プラン」をジアナちゃんのために開設、資金工面を約束したとのことだ。

これまでトランプ大統領支持を声高に叫び、時に物議を醸してきたカニエ・ウェスト。ジョージ・フロイドさん殺害事件発生後も沈黙を貫き通していたことが非難されていた中でのこのたびの行動は、欧米多数のメディアが大きく報じている。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ