クリスティアーノ・ロナウド、生涯収入1000億円超を達成した初のサッカー選手に

米経済誌『フォーブス』が発表したセレブの長者番付で、1億500万ドル(約114億円)を稼ぎ第4位にランクインしたクリスティアーノ・ロナウド。同誌はロナウドの生涯収入がついに10億ドル(約1096億円)に到達したとして、現役サッカー選手として初の快挙を成し遂げたことを報じた。

ハリウッドセレブやスポーツ選手、作家など著名人の年間収入をもとに第1位~第100位までをランク付けしたセレブの長者番付「The World’s Highest-Paid Celebrities」2020年度版が、このほど米経済誌『フォーブス』より発表された。

スポーツ界からは、1億630万ドル(約116億円)を稼いだスイス出身テニスプレーヤーのロジャー・フェデラー選手が第3位になり、ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドが1億500万ドル(約114億円)で第4位にランク入りした。

『フォーブス』によると、ロナウドが「マンチェスター・ユナイテッド」「レアル・マドリード」「ユヴェントス」といった名門クラブでの17年間のサッカーキャリアを通じて稼いだ金額は6億5000万ドル(約713億円)に上るという。シューズやデニム、下着、フレグランスなどを扱う自身のブランド「CR7」の収益や、スポーツブランド「ナイキ」、時計ブランド「タグ・ ホイヤー」など世界的ブランドとの契約による収入3億5000万ドル(約383億円)と合算すると、ロナウドの生涯年収は10億ドル(約1096億円)に到達したこととなり、同誌はこれを「現役サッカー選手初の偉業である」と伝えている。

「ナイキ」とは生涯契約であり、これまで同社とこの異例契約を交わしたのはNBAのレジェンド、レブロン・ ジェームズマイケル・ジョーダンの2名のみ、また現役生活中に生涯収入が10億ドルを超えたアスリートもプロゴルファーのタイガー・ウッズ、プロボクサーのフロイド・メイウェザー以来、史上3人目ということだ。

ポルトガルの貧しい家庭に育ったクリスティアーノ・ロナウドは昨年秋、英テレビ局『ITV』によるドキュメンタリー番組に出演し、貧困にあえいだ子供時代に言及。11~12歳頃は空腹になるとよく近所のマクドナルドへ行き、裏口のドアに回って「ハンバーガーは残ってないか?」と店から売れ残りを恵んでもらっていたというエピソードを披露したが、そんな彼のサクセスストーリーには胸を打つファンも多い。

現地時間5日には、双子のエヴァちゃんとマテオ君の3歳の誕生日を記念し、一家でコスチュームパーティーを開催したロナウド。思い思いのコスチュームでドレスアップする家族に囲まれながら、アラジンに仮装し見事に割れた腹筋をチラつかせ笑顔を浮かべるファミリーショットには、すでに810万件以上の「いいね!」が寄せられている。

なおロナウドの往年のライバルでアルゼンチン出身のリオネル・メッシは1億400万ドル(約113億円)を稼ぎ、今年度の長者番付では第5位にランクインした。生涯収入10億ドルの“ビリオネアズ・クラブ”に仲間入りするのは、来年早々だろうと『フォーブス』は予測している。

画像は『Cristiano Ronaldo 2020年2月21日付Instagram「My new Mercurial Dream Speed is here and they make me feel like I can move at the speed of light」、2020年6月5日付Instagram「Happy Birthday to my two sweeties Eva and Mateo!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ