三菱「アウトランダーPHEV」の特別仕様車「ブラックエディション」を発売

三菱自動車は2020年6月4日、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」に、内外装にブラックをアクセントカラーとして採用した上質でスポーティな特別仕様車「ブラックエディション」を発売しました。

アウトランダーPHEVは2013年発売ですから7年以上のモデルライフです。その理由はPHEVのパイオニアであり、効率の良さでは郡を抜いて高効率で、その優れた機能は現在でもトップレベルだからなのです。発売当時その仕組みを理解することが難しいほど全く新しい斬新的なハイブリッドシステムでしたが、いまや同様の仕組みを、あるいは類似の仕組みを国産に限らず欧州メーカーも各社取り入れているほどなのです。

関連記事:三菱アウトランダーPHEV インタビュー PHEV開発のパイオニアとしての強みを活かしたニューモデル

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});さて、特別仕様車のエクステリアは、フロントグリルをブラックメッキ、前後のスキッドプレートはブラックマイカ、フロントフォグランプベゼルにはピアノブラックを採用することで、スポーティで精悍な表情としています。またホイールは専用のブラック塗装の18インチアルミホイールを採用しました。

ボディカラーは、2トーンカラーのチタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ、レッドダイヤモンド/ブラックマイカ、ホワイトパール/ブラックマイカの3種類(有料色)を設定。

ルーフ部をブラックマイカ塗装にすることで、低重心なイメージとしてスポーティさを強調しています。また、モノトーンカラーはブラックマイカを設定し、合計4種類のボディカラー展開としています。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});インテリアは、ヘッドライニングと各種トリムをブラックで統一。スポーティなインテリアとしています。

本革巻ステアリングホイール、スエード調+合成皮革表皮の前後コンビネーションシート、メーターフードなどのステッチにはレッドを配色。ピアノブラックのセレクターレバー、ブラックカーボン調のドアトリムオーナメント、アルミペダルを採用し、質感の向上とスポーティさを強調しています。

シャシーでは、優れた操縦性と上質な乗り心地を両立させるビルシュタイン社製の高性能ダンパーは、従来は上級グレードの「S エディション」のみに装着されていましたが、今回の特別仕様車は標準装備しており、コストパフォーマンスに優れた特別仕様車となっています。

■価格アウトランダーPHEV ブラックエディション(4WD):441万3200円(税込み)*エコカー減税により100%免税 クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金22万円アウトランダーPHEV 諸元表

三菱 アウトランダー 関連記事三菱自動車 関連記事三菱自動車 公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ