リアム・ペイン、愛息と暮らすため元恋人シェリルの家に引越しか「コロナが終息したら一緒に暮らそう」

甘いルックスで世界中で大人気を集め、“1D”の愛称で呼ばれている「ワン・ダイレクション」。そのメンバーのリアム・ペイン(26)が愛息ベアくんと過ごす時間を増やすため、元恋人でベアくんの母親であるシェリル(36)に一緒に暮らさないかと誘われているという。

2010年に結成したワン・ダイレクションだが、2015年にゼイン・マリク(27)が突如脱退。リアム・ペインナイル・ホーラン(26)ルイ・トムリンソン(28)ハリー・スタイルズ(26)と4人でグループを継続してきたが、現在は活動を休止し各々がソロで活躍している。

うちリアム・ペインはソロ活動も順調で、英国の30歳以下で最も稼ぐ歌手ランキングでトップ10入りを果たしている。そんなリアムはプライベートでは1児のパパだ。交際していた歌手シェリルがリアムとの間に第1子を妊娠し、2017年3月22日にベアくん(3)が誕生した。しかし翌2018年に2人は破局。ベアくんは現在、母親のシェリルと一緒に暮らしている。

一方でロンドンの自宅にいるリアムは、バッキンガムシャー州にいるベアくんに新型コロナウイルスの影響で今年の3月から会えていないという。愛息の誕生日でさえ直接顔を見ることができなかったそうだ。

リアムは『Good Morning Britain』に出演した際、その気持ちをこのように打ち明けていた。

「誕生日に会いに行けなかったのは本当に辛かったよ。でもシェリルと話し合って『会わないのが一番』ってなったんだ。」

リアムは仕事でウイルスと接している可能性があったことから、ベアくんの感染リスクを減らすために会うべきではないと苦渋の決断を下したようだ。

息子がパパに会えない姿を見ているうちにシェリルの考えに変化が起きたようで、シェリルの関係者は『Heat』にこう話している。

「この都市封鎖で、シェリルはこれからリアムとどのように生きていくのかを考えるようになりました。」

「リアムは長い間ベアくんに会えておらず、お互いに辛い時期を過ごしています。シェリルはコロナが終息したら3人で一緒に暮らそうとリアムに提案しました。彼女の家は大きいので部屋もありますし、両親2人が同じ家にいることはベアくんにとって嬉しいことですからね。」

シェリルの家に引っ越すのがどうか双方共にコメントはないが、もしそうなれば1つ問題が浮上する。リアムの今の恋人でモデルのマヤ・ヘンリー(19)だ。シェリルはマヤがたまに家に遊びに来るのは問題ないと話しているようで、同関係者はこのように証言している。

「シェリルはリアムとベアくんが親子の絆を深めてほしいと考えているので、マヤがずっと一緒にいることは望んでいません。リアムにはベアくんを優先してほしいのです。」

画像は『Liam Payne 2020年5月12日付Instagram「#HUGOxLiamPayne」』『Cheryl 2020年1月19日付Instagram「This little guy came to visit me today.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Tina)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ