KLMオランダ航空、7月に73都市へ運航拡大 便数は6月比で60%超

Traicy

KLMオランダ航空KLMオランダ航空は、7月に運航路線を拡大する。

フライト数を、6月比で60%超増やし、通常時の便数の25~30%を運航する。欧州路線での就航都市は、南ヨーロッパが中心で、5月の30都市、6月の45都市に対し、7月は73都市にまで拡大する。

大陸間路線では、6月にはアルバ、ボネール、セント・マーチン島、パラマリボ、キトの各都市。7月にはジャカルタ、デンパサール、ワシントン、サンフランシスコ、バンクーバー、カルガリーへの運航を再開する。これにより、就航都市は51都市にまで拡大する。現在、これらの路線の約半分は、貨物専用便として運航しているが、政府が渡航規制を解除すれば、航空券の販売を再開するとしている。

7月には、オールボー、アバディーン、アリカンテ、アテネ、バルセロナ、バーゼル、ベルゲン、ベルリン・テーゲル、ビルバオ、ビルン、バーミンガム、ブカレスト、ボローニャ、ボルドー、ブリストル、ブダペスト、ブリュッセル、カリアリ、カタニア、ダブリン、デュッセルドルフ、エディンバラ、フィレンツェ、フランクフルト、グダニスク、ジュネーブ、ジェノア、グラスゴー、ヨーテボリ、ハンブルク、ハノーバー、ヘルシンキ、イビサ、インバネス、イスタンブール、キエフ、コペンハーゲン、クラクフ、リーズ・ブラッドフォード、ロンドン・シティ、ロンドン・ヒースロー、リスボン、ルクセンブルク、リヨン、マドリード、マラガ、マンチェスター、モンペリエ、モスクワ、ミラノ、ミュンヘン、ニュルンベルク、ニューカッスル、ニース、オスロ、パリ、ポルト、プラハ、ローマ、サンクトペテルブルク、スプリット、スタヴァンゲル、ストックホルム、シュトゥットガルト、トゥールーズ、トロンハイム、バレンシア、ヴェネツィア、ワルシャワ、ウィーン、ザグレブ、チューリッヒへのアムステルダム発着便の運航を予定している。これにより、当初の計画の78%に就航都市数が回復する。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ