木村花さんの子猫が新たな家へ… 「どうか幸せに長く生きて」切望の声溢れる

fumumu

からあげクン(画像はロッシー小川さんTwitterのスクリーンショット)
22歳の若さで死去した女子プロレスラー・木村花さん。その死をきっかけに連日様々な芸能人YouTuberなどがネット上での誹謗中傷に対し声を上げ続けています。

一方で心配されていたのが花さんの愛猫だった「からあげクン」の安否。23日、花さんが所属していた団体「スターダム」の代表・ロッシー小川さんが、今後についてツイートしました。

■「茶色くてからあげみたい」


「からあげクン」は、花さんが一緒に暮らしていた子猫で、まだまだ片手で抱っこできるような小ささ。

ガールズバンド『SILENT SIREN』のドラマー・ひなんちゅさんの保護猫を引き取ったのだそう。ひなんちゅさんのブログによると、花さんが「この子丸くて茶色くてからあげみたいだね」と言い、出会った瞬間に名付けたのだとか。

花さんは亡くなる前に投稿したインスタグラムの写真で、からあげクンに向かって「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね。」と語りかけています。


関連記事:木村花さんの死去で… 志らく「批判と誹謗中傷は違う」 ドラマの再放送を願う声も

■新しい家へ…


そんな写真投稿のあとに訃報が届き、世間では誹謗中傷に対する怒りが高まりました。一方、まだ小さい猫の安否を心配する声も。

そんななか、からあげクンは、花さんが所属していた団体「スターダム」で保護されていることが判明。

代表であるロッシー小川さんは、先月29日「その後のからあげクン!」と子猫の元気な様子を投稿。3日には、「本日、からあげクンが次の飼い主の元に行きました」とツイートしました。

からあげくんに新しい家が見つかったことを報告しつつ、さらに「からあげ、また会う日まで!」とちょっと名残惜しそうなメッセージも綴っています。

■亡くなる直前に託した


花さんは亡くなる前に、からあげクンをカゴに入れて事務所のドア外にそっと置いていったのだそう。ロッシーさんは「この子猫は花の形見のようだ。だから一層、かわいくも愛おしくも見える」と投稿しています。

これからの花さんの活躍を期待していたであろうロッシーさん。からあげクンを保護する間、どんな気持ちだったのでしょうか。

最後に大切な子猫をロッシーさんに託していったことから、花さんからの全幅の信頼を感じる分、ツイートから、他人には計り知ることのできないロッシーさんの悲痛な想いが溢れているように感じます…。

■「必ず幸せに」「楽しく…」


今回のツイートに対しコメント欄には、「良かったです」という安堵の声とともに、「どうか幸せに長く生きてね」「必ず幸せになってくださいね」「楽しく過ごすんやでぇ」と、応援メッセージが溢れました。

また、なかには「たまにでいいので、からあげクンの近況をツイートして頂きたいです」と、今後の成長を見守りたいファンからの声も。

花さんが最後に遺した言葉の通り、からあげクンが新しい家で「楽しく長生き」することを切に願います。

★からあげクンの新天地報告はこちら

・合わせて読みたい→グラビアタレント、SNSでの誹謗中傷を告白 「画面の向こう側にいるのは人間」

(文/fumumu編集部・五代桜子)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ