『ドンキ』が頼れる味方を無料開放 「買い物後」の救世主だった

しらべぇ

2020/6/4 05:45




豊富な商品量と斬新なアイデアで、ユーザーを驚かせてきた『ドン・キホーテ』。ある日、記者(私)が都内のドンキを訪れると、なんともユニークなサービスを発見してしまった。

■買い物中はワクワクだが…


当初の予定になかった商品にも、思わず手を伸ばしてしまうのがドンキの魔力。「つい買いすぎてしまった」という経験のあるユーザーも多いことだろう。

しかし、一時のテンションに身を委ねて買い物をするのは非常に危険な行為。店内ではワクワクが止まらなくとも、大荷物に両手を塞がれ、苦しみに耐えながら帰路につくケースも充分に考えられる。


関連記事:高嶋ちさ子がドンキで死ぬほど買うモノに驚きの声 「意外」「気が利く」

■飛び出た秘密兵器




しかし、天下のドンキはユーザーのそんな悩みに完全対応。一部の店舗では、「カート貸出サービス」を実施しているという。

その名の通り、店内で買い物中に使用したカートを店外に持ち出せるサービスで、ドンキの屈強なカートさえあれば、並大抵の商品はスムーズに持ち運びできるだろう。

■気になる「使用条件」は…




なお、ポップを見ると「誓約書」や「保証金」のほか、「身分証」が必要とあるが、利用後は保証金と身分証を返却してもらえるそう。

しかし店員に詳しい話を聞いてみると、こちらはかつてのルールだったことが判明。現在はルールを大幅に変更し、店内で「身分証のコピー」をとり、電話番号を伝えればレンタルが可能だという。

貸出時間の目安は2時間前後で、使用台数についても相談すれば、ある程度融通は利くようだ。

■「セール」に弱い人の割合


お手頃な価格帯の商品が揃っており、「ほぼ毎日セール」といっても過言ではないドンキ。やはりその値段設定に惹かれて買いすぎてしまう人は多いのだろうか。

ちなみに以前、しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,653名を対象として調査を行なったところ、「セールには弱い」と回答した人は全体の39.9%と判明。約4割の人が、「セール」という言葉に強い魅力を感じているようだ。



ドンキではこの他にも様々なサービスを提供しているので、気になったものがあればぜひチャレンジしてみてほしい。

・合わせて読みたい→ドンキが入口に置いたホワイトボード 「書かれた内容」に称賛相次ぐ

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ