マツコ、組み体操の苦痛な練習に憤る「今考えると恐ろしい」

※画像は、『5時に夢中!』公式Twitter より

 

6月1日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、コラムニストのマツコ・デラックスが、運動会の種目『組み体操』での苦い経験を思い出し、過酷な状況下での練習を強いられていたことに憤りを露わにした。

 

マツコ「今考えると恐ろしい」組み体操の練習

番組では『実は嫌いだった運動会の種目ランキング』を紹介。大橋未歩アナウンサーが「1位が徒競走ということで2位組み体操、3位リレーで、なんと9位にお昼のお弁当なんていうのも入ってました」と伝えると、MCのふかわりょうが「あまり決めつけは良くないですが、マツコさん運動会はあまりテンションが上がる日ではなかったんじゃないかと思うのですが」と質問。

 

これにマツコは「なんか運動会に限らず文化祭とか記憶にほとんど無いんだよね」と答えると、ふかわが「じゃあ嫌悪感も無かったぐらいですか?」と尋ねる。するとマツコは「あったはあったと思う。練習とかさせられるじゃん?……あれ、意味分かんなくない?」と毒舌でスタジオ陣を笑わせた。

 

またふかわが「特にこれ『かったるいなー』みたいなのってありましたでしょうか」と尋ねると「組み体操とかはさ、延々と練習させられるじゃない?どっちにしたって私一番下なのよ」と体格が良いせいで常に下段なうえ、長時間の練習が苦痛だったとマツコ。続けて「今考えると恐ろしいけどさ、ジャリが混ざってるような砂のグラウンドにさ、半ズボンとかでみんなやってたよね」とさらに過酷な状況下での練習だったと語る。これにふかわも「膝が痛いんですよね!」と激しく共感すると、マツコは「いやもう信じられないわよ!今考えると」と怒りを再燃。

 

またマツコは「今もやってるのかな、あれ」と現代の生徒らを心配すると、ふかわが「1回問題にはなりましたけどね」と答える。これを聞いたマツコは「せめて長ズボンぐらい履かせてあげないとね」と自身の経験から配慮を求めると「今考えたらすごいよね、あれ」と過去の憤りを露わにしていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ