『援助交際撲滅運動』シリーズ10年ぶりの新作 映画『エンボク』新たな公開日が決定

SPICE

2020/6/2 23:10



映画『エンボク』が7月3日(金)よりレイトショー公開されることが決定した。

『殺し屋1』や『ホムンクルス』の山本英夫氏が原作、こしばてつや氏が漫画を担当した同名コミックの実写映画化『援助交際撲滅運動』シリーズの最新作。援助交際を行う女子高校生と、彼女たちをえじきにする中年男性たちの戦いを描いたシリーズだ。これまでに、俳優・遠藤憲一主演で2001年に公開された第1作『援助交際撲滅運動』、2009年の『STOP THE BITCH CAMPAIGN 援助交際撲滅運動』まで、3作品が制作されている。10年ぶりとなるシリーズ最新作『エンボク』では、自分の世界を作るため援助交際を続ける女子高校生と“援助交際撲滅運動”というサイトで女子高校生たちの名前と顔写真をアップする中年男性が戦いを繰り広げるという。女優・秋乃ゆにが、主人公・工藤愛美役で主演するほか、板尾創路が援助交際が原因で娘と妻を亡くした警察官を演じる。そのほか、山本浩司、諏訪太朗、酒井健太郎らがキャスティングされている。
映画『エンボク』  (C)2019キングレコード
映画『エンボク』 (C)2019キングレコード

メガホンをとるのは、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(KTV)、『シグナル 長期未解決事件捜査班』(KTV・CX)などのTVドラマで知られる鈴木浩介監督。シリーズ前3作品に続いて、最新作でも監督を務める。また、『HiGH&LOW』シリーズ最新作『HiGH&LOW THE WORST』や、映画『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-』の増本庄一郎氏が脚本を担当している。

当初は、4月24日(金)の公開を予定していた本作は、新型コロナウィルス感染拡大防止対策による方針を受け、公開を延期。新たに、7月3日(金)からシネマート新宿にて 2 週間限定でレイトショー公開されることとなった。

映画『エンボク』は7月3日(金)よりシネマート新宿にて2週間限定レイトショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ