『妖怪人間ベム』生誕50周年を記念した完全新作アニメ『劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~』ティザーポスター&特報映像解禁

SPICE


『妖怪⼈間ベム』⽣誕 50 周年を記念して 2019年に完全新作アニメとして制作・放送された TVアニメ『BEM』の映画化が決定、『劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~』として 2020年秋に全国公開されることが発表された。同時にティザービジュアル(=上掲写真)と特報映像が解禁された。

特報映像

映画化が決定した劇場版では、「BEM」プロジェクトの⽴ち上げから関わり、『攻殻機動隊』『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズのProduction I.Gが制作を⼿掛ける。

監督は『魔法陣グルグル』『宇宙戦艦ティラミス』の博史池畠、脚本は『ポケットモンスター』シリーズ構成や『ONE PIECE STAMPEDE』 脚本を務めた冨岡淳広。キャラクター原案はVアニメと同じく『LAST EXILE』『ID-0』の村⽥蓮爾、『純潔のマリア』『進撃︕巨⼈中学校』で作画監督を担当した松本美乃がキャラクターデザインを務める。

メインキャストは TVアニメに引き続き、ベム役を⼩⻄克幸、ベラ役を M・A・O、ベロ役を⼩野賢章が演じる。追加キャストは後日発表とのことだ。

本日、映画化決定発表に合わせてティザーポスターと特報映像が解禁されたが、ポスターは⾚と⿊を基調とし、はやく⼈間になりたい」というキャッチコピーとともに、顔を隠したベムと⾒られる⼈物の⾜元から妖怪形態を想像させる⿊い影が縦横に伸び、妖怪⼈間の苦悩を表すようなシルエットが描かれている。

特報映像では、「それはいつ⽣まれたのか、誰も知らない・・・。」というコピーや BGM に流れるショパンの「24 の前奏曲 第 4 番」とともに、真紅の細胞が蠢き 3 ⼈の妖怪⼈間“ベム・ベラ・ベロ”が⽣まれる様⼦が描かれ、⼈間になれなかった妖怪⼈間たちの「はやく⼈間になりたい」という悲痛なささやきで締め括られる。50年の時を経て彼らは人間になれるのか、劇場版で確かめたい。

『劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~』は 2020年秋に全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ