ショーン・メンデス&カミラ・カベロ、ニック・キャノン、アリアナ・グランデらも抗議デモに参加

米ミネソタ州で先月25日に発生した白人警官によるジョージ・フロイドさん殺害事件を受け、暴動や抗議デモが全米各地で広がっている。ニック・キャノンやショーン・メンデス&カミラ・カベロ、アリアナ・グランデらも、自らプラカードを掲げてデモに参加した。

先月25日、白人警察官によるあからさまな人種差別と非人道的な暴力行為により、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさんが死亡した事件。これを受けアメリカでは、事件が発生したミネソタ州ミネアポリスをはじめ各地で暴動などが起こる騒ぎへと発展している。全米各地で行われている抗議デモには多くのセレブらが積極的に姿を見せており、大勢の人々とともに人種差別撤廃を強く訴えている。

先月31日には、人気シンガーのショーン・メンデスとカミラ・カベロがフロリダ州マイアミのダウンタウンで開催された抗議デモに参加した。黒のタンクトップ×パンツ姿のショーンと白のクロップドトップ×ブルージーンズ姿のカミラは、マスクを着用し“Black Lives Matter”(黒人の命は大切)と書かれたプラカードを掲げながら、大勢の参加者とともにノース・イースト 8th ストリートを歩く姿が地元メディアにキャッチされた。デモ参加者らの多くは2人の正体に気づいていない様子で、ショーンとカミラも一般人に溶け込みながらダウンタウンを練り歩いていた。

ショーンは先月30日、自身のInstagramに長文メッセージをアップし、絶えず人種差別と闘わなければならない人生が白人である自分には想像もつかないこと、また自身を含めた白人達のそのような現状理解の乏しさもこの問題の一部であることなどを綴っていた。そして「これは(人種を問わず)人類皆にとっての闘いだ」「未来の子供達の住む世界が、こんな状態のままじゃいけない」と自身の強い思いを吐露している。

一方のカミラも、ミネソタ州知事や州検事総長らに直接電話をしたことをSNSでファンに報告するとともに「正義のために一緒に闘って」「今こそ変化が必要」「人の痛みに無関心な社会にしてはいけない」とオンライン署名などを強く呼びかけている。

カリフォルニア州では歌姫アリアナ・グランデが、ビバリーヒルズやウェスト・ハリウッドエリアで抗議デモに参加した。メディアは商品が店舗から盗まれる様子や放火されたパトカーなどばかりを捉えているが、アリアナは

「長時間、長距離にわたった平和的な昨日のデモ行進。でもメディアに取り上げられることはほぼ全くなかった。」

「クラクションを鳴らし声援を送って、熱心に、大声を張り上げて、愛情を込めて抗議をした。こういうニュースもぜひ取り上げて。」

とツイートし、メディアの偏った報道に一石を投じた。その1時間後には、

「活動を続けて。モチベーションを保ち続けて。人々と分かち合い、理解を深め合って。」

「今日抗議に参加している皆さん、どうぞ安全に過ごしてください。」

とメッセージを綴り、自分と同じように各地でデモに参加していた人々を思いやった。

他にもシンガーのホールジーは30日、31日とロサンゼルスやサンタモニカで行われた抗議デモに参加、サンタモニカでは負傷した複数の男性らの傷の手当てを介助する姿が目撃されている。マライア・キャリーの元夫ニック・キャノンは、事件が起こったミネアポリスでデモに参加するとともに悲痛の叫びをラップにのせた動画をアップ、すでに100万回以上の再生回数を記録している。

なおアメリカでは現在、40以上の都市で夜間外出禁止令が発出されており、一部では「ウーバー」「リフト」といったライドシェアサービスや「ドアダッシュ」などのフードデリバリーサービスも夜間の営業が停止されている。

画像は『NICK CANNON 2020年5月30日付Instagram「#JusticeForFloyd」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ