買わなきゃよかった!…女性に聞いた「おこもりで購入して後悔したもの」

ananweb

2020/5/31 19:00

「おこもり消費」という言葉が生まれるほど、自粛期間中はさまざまなものが売れていたようです。しかし、そこには、意外な落としな穴が! 今回は、おこもり中に買って後悔したものについて20~30代女性の集まるanan総研メンバー約200人に聞いてみました!
文・オリ子

■ おこもり中に買って後悔したもの、なんですか?

■ ズバリ、食べ物!

「お取り寄せのおやつ。夫はあまり甘いものを食べないので結局ひとりで食べてぶくぶく太る」(31歳・自由業)

「お菓子。美味しいんだけど3種類×5個ずつ計15箱あるから、コロナが終わったらほんとに太りそうな気がしてならない。でも美味しい」(30主婦・主夫)

「美味しいスイーツを取り寄せすぎて、賞味期限内に食べられるか微妙です(笑)」(25歳・無職)

「お菓子のまとめ買い。野菜ジュースも箱買い。太りますよね」(33歳・公務員)

「ポテトチップスはとても後悔。毎晩ネットフリックスにお酒、ポテチで楽しんでますが」(29歳・自営業)

購入して後悔したものとして、もっとも多く挙げられたのが食べ物。家にあると、つい手が出てしまいますよね。おこもり生活を頑張る自分のために、思い切って箱買いしちゃいがちですが、結局食べ過ぎにつながったり、賞味期限が切れてしまったりと、購入したことを後悔している人が、実はけっこういるようです。あなたは大丈夫ですか?

ダイエットグッズ、サービス

「着圧スパッツ。外出自粛で運動が減ったこともあり、広告で流れてくるスパッツがほしくなりました。正規で購入すると2か月待ちになることから、定価の2倍以上でメルカリで購入。めちゃ高かったのに、あまり効果を感じないのと、スパッツしながらだと寝られないことに気づき、ほとんど履いていません。もしかしたら偽物だったんじゃないかという気もしていて、もったいなかったと後悔!」(31会社員)

「ネットのサブスク型のエクササイズサービス。夫がそれを始めたけど、全然していない」(33歳・その他)

おこもり生活で太ってしまうことを恐れ、さまざまなエクササイズグッズやサービスが人気となっています。しかし、実際使ってみると自分に合わなかったり、大きな運動器具は、ただの場所を取る家の”飾り”と化してしまうことも。よく検討してから購入したいですね。

■ 普段使わない食材、調味料

「調味料一式。いろいろな料理に挑戦する為に買ったけど、結局あまり使わなくて無駄にしている」(35歳・その他)

「パン作りブームに乗っかって材料を揃えました。結局買うほうが楽で作ってない(笑)」(34歳・その他)

時間をかけて料理する人が増えたため、今までは使わなかった食材やレアな調味料などの購入も増えたようです。しかし、なかには実際に使わず購入を後悔している人も。今回のおこもり生活では、料理が上達した人、レパートリーが増えた人がいるいっぽうで、チャレンジしてみたけれど特に変化がなく、お金だけ無駄に使ってしまった、という悲しい人たちも一定数いるようです。

■ おしゃれな部屋着や洋服

「部屋着。ネットで買ったもののあまり気に入らなくて買わなきゃよかったと後悔しています」(28歳・会社員)

「ネットセールをやっていて、つい服を買ってしまった。その結果、普段着ない服が増えてしまった。いらなかったなぁ」(35歳・専門職)

「おうち時間を充実させるために少しでも良い部屋着を着たい!」と考え、新調した方がけっこういるのでは? しかし、おしゃれすぎてゆったりくつろげないものを買ってしまった、勢いで買ったけど実物が想像と違ったなどの理由から、後悔している人も多いようです。また、おこもり時間増加に伴い、ネットショッピングの時間が増え、服を買いすぎて後悔なんて声も聞かれました。

■ 「おこもりを頑張る自分に!」の衝動買いは要注意

おこもりを頑張っている自分にご褒美をあげたくなる気持ちもわかりますが、勢いで買うことは危険です! ネットはポチッと手軽に購入できるぶん、事前にしっかりと検討する習慣を身に着けるのが大事なのかもしれません。

(C)PhotoAlto/Laurence Mouton/Gettyimages(C)damircudic/Gettyimages

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ