「HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ」が尊すぎる

UtaTen

2020/5/31 12:00

伝説級のヒット作!「オールスターズメモリーズ」とは?


画像引用元 (Amazon)

女の子から圧倒的な人気を誇る『プリキュア』シリーズ。

2004年に放送された『ふたりはプリキュア』が大ヒットして以来、現在まで17シリーズが放送されています。

『プリキュア』シリーズには、他の変身ヒロインアニメには見られない大きな特徴があるのをご存じですか?

それは、全身を使ったダイナミックな戦闘アクション。

『ドラゴンボール』『聖闘士星矢』など男の子向け作品に見られる派手なアクションを、初めて女の子向け作品に取り入れたのです。

大切な存在を守るために巨大な敵を相手に全身全霊をかけて戦うプリキュア。

その頑張る姿を応援せずにはいられません。

2018年に公開された映画『HUGっと!プリキュアふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ』は、プリキュア達の思い出をテーマにした作品。

初代作『ふたりはプリキュア』と15作目『HUGっと!プリキュア』が中心になり、敵に記憶を奪われ幼児化してしまったプリキュア達を元の姿に戻すため大奮闘します。

映画には総勢55人のプリキュアが登場。

「アニメ映画に登場する最も多いマジカル戦士の数」でギネス世界記録に認定されました。

興行収入は11.5億円を記録。

ぴあ初日満足度調査でも満足度92.4点を記録するなどシリーズ史上最高評価を受けた、大人気映画なのです。

「思い出」とリンクさせた熱いストーリーに注目!


画像引用元 (Amazon)

巨大な怪物が街で大暴れしているところに駆けつけたキュアホワイト、キュアブラック、シャイニールミナス。

3人の力を合わせて倒したのも束の間、謎の敵「ミデン」が現れます。

しかし、プリキュア達の力を自在に使えるミデンには、3人でも歯が立ちません。

一方、キュアエールこと野乃はな達5人は、未来から来た赤ちゃん・はぐたんとピクニックに出かけていました。

そこに突如ミデンが現れます。

ピンチに陥ったキュアエール達。

キュアブラックとキュアホワイトが駆けつけますが、キュアエールとキュアブラックを庇って攻撃を受けた仲間達は、プリキュアだった記憶を失い赤ちゃんの姿になってしまいます。

なぎさとはなは仲間達をお世話しますが、イヤイヤ泣きながら靴を投げ飛ばしたり、どこかに行ってしまったりと苦労が絶えません。

果たして、はなとなぎさはプリキュア達の記憶を取り戻し、全てのプリキュアを元の姿に戻すことができるのでしょうか?

▲『映画HUGっと!プリキュアふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ』予告編

3等身のベビープリキュア姿も、凛々しく戦う姿もどちらもキュートで最高。

全員TVアニメと同じ声優が演じていて、声を聴くだけで放送当時を思い起こすことでしょう。

そして作中のキャラクターの大切な仲間との「思い出」とファンのプリキュアに対する「思い出」をリンクさせた作りが絶妙。

終盤のプリキュア達の戦闘シーンはオーケストラで歴代オープニング曲メドレーを背景に繰り広げられていて、決め台詞や活躍する度に懐かしさで心が震えます。

プリキュアの力を使うときのミデンの口調や必殺技も、過去作品を見ていた人なら懐かしく感じるでしょう。

ミデンの棲む城の内部も過去作のキュートな世界観がふんだんに盛り込まれていて、ファンは観ているだけでも楽しくなれますよ。

ミデンのモチーフも思い出にちなんだものになっていて、彼の孤独、満たされない想いに胸が締め付けられ、彼に寄り添うキュアエールの優しさに心が動かされます。

笑いあり、感動あり、最後はプリキュア達が幸せな気持ちで心をいっぱいにしてくれますよ。

最高のスタッフ・キャスト、みんなの応援が熱い!


▲『映画HUGっと!プリキュアふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ』本編のぞく見!~想い出の主題歌メドレー~

監督は『映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!! プリキュアとレフィのワンダーナイト!』『映画 プリキュアドリームスターズ!』を手がけた宮本裕史。

脚本は『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』『ヒーリングっどプリキュア』の香村純子が担当。

キャラクターデザイン・総作画監督を『ふたりはプリキュア』の稲上晃が担当しています。

映画後半は美麗な手書きタッチの3DCGで描かれていて、スクリーンに縦横無尽に動き回るプリキュア達の姿に釘付けになりますよ。

『HUGっと!プリキュア』からは、キュアエール(引坂理恵)・キュアアンジュ(本泉莉奈)・キュアエトワール(小倉唯)・キュアマシェリ(田村奈央)・キュアアムール(田村ゆかり)の5人のプリキュア、はぐたん(多田このみ)とハリハムハリー(野田順子/福島潤)が活躍。

『ふたりはプリキュア』のキュアブラック(本名陽子)とキュアホワイト(ゆかな)がダイナミックな肉弾戦と熱い絆で映画を盛り上げます。

強敵ミデンを人気声優・宮野真守がパワフルで時に寂しげに、存在感と影のあるキャラクターを演じました。

▲宮野真守「プリキュア」の口癖、技コピーに「マジか!?」「ぶっちゃけありえな~い!!」「映画HUGっと!プリキュアふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ」

この映画の一番熱い魅力は、キュアエールの応援「フレフレ!」が物語を盛り上げる鍵になっているところです。

大切な場面ごとに力のこもった「フレフレ!」のかけ声が奇跡を起こし、プリキュアがもう一度立ち上がり大奮闘を繰り広げます。

キャラクター達と一緒に声を出してプリキュアを応援することで、プリキュア達を助け、一緒に戦っている感覚をしっかり味わえますよ。

一生懸命仲間を自分を鼓舞しながら立ち上がるプリキュア達。

勇気と力が湧いてくる最高のストーリーをじっくり堪能してみてくださいね。

輝く未来を抱きしめて!勇気と力が湧いてくるOP


画像引用元 (Amazon)

映画のオープニングを彩るのは、TVアニメ『HUGっと!プリキュア』のオープニングテーマ『We can!!HUGっと!プリキュア』。

歌っているのは、宮本佳那子さん。

『ドキドキ!プリキュア』のキュアソード役を演じたことでも有名な声優アーティストです。

『HUGっと!プリキュア』は、「子育て」をテーマに、プリキュアが大切な人たちを守るために戦うストーリー。

「何でもできる何でもなれる!」をキャッチコピーに、「女の子だってヒーローになれる」「男の子だってお姫様になれる」のような既成観念にとらわれない“なりたい自分”を視聴者に訴えかけてきました。

そのメッセージを強く発していたのが、明るくて元気な主人公・キュアエール。

『We can!!HUGっと!プリキュア』はそんな主人公にふさわしい前向きでエネルギッシュな歌詞が心を動かします。

特にサビ前の『「叶えたい」より「叶える」私なんだ! 100%負けない 止まらない よくバリバリな夢 フレフレ☆ススメ』は、聴いていて勇気と力が湧いてきますね。

物語が始まるワクワク感と、困難に立ち向かうプリキュア達の頼もしさ、みんなを包み込むような温かさが詰まったオープニングテーマです。

もっとキラキラ!55人のプリキュアダンスが熱い!


▲『映画HUGっと!プリキュアふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ』エンディングダンス映像

映画のフィナーレを盛り上げるエンディング主題歌は、『DANZEN ふたりはプリキュア~唯一無二の光たち~』です。

初代『ふたりはプリキュア』『ふたりはプリキュアMax Heart』を彩った名曲がアレンジされて帰ってきました。

歌うのは、初代から引き続き五條真由美さん。

ストリングスの音色がキラキラとした輝きを添え、透明感のあるボーカルが魅力的な楽曲に仕上がっています。

聴いていて体がノリノリに、初代作ファンなら懐かしさに心の奥が熱くなり、聴くだけでネガティブなんてブッ飛びます。

映画ではステンドグラスを背景に美麗な3DCGで描かれた55人のプリキュア達のダンスが、最後までテンションを上げてくれるでしょう。

まさに圧巻のフォーメーションダンス。

何度も見たくなる魅力が詰まっています。

3番のイントロには『HUGっと!プリキュア』から『キラキラプリキュアアラモード』『魔法つかいプリキュア』とシリーズタイトルを遡りながら歌われていて、懐かしさで胸がいっぱいになれますよ。

『プリキュア』シリーズに込められてきた前向きなメッセージと勇気と明日へのエネルギーを貰える主題歌です。

格好良すぎて心奪われる挿入歌「リワインドメモリー」


▲『映画HUGっと!プリキュアふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ』挿入歌「リワインドメモリー」スペシャルPV

すごいのは主題歌だけではありません。

挿入歌『リワインドメモリー』は他の追随を許さない最高の楽曲といっても過言ではないほど格好いいんです。

歌うのは、五條真由美と宮本佳那子。

プリキュアを見て育ってきたファンへのメッセージともとれる歌詞を洗練された歌声とハーモニーで歌っていて、感動的に仕上がっています。

可愛いだけじゃない、悔し涙を力に変えて立ち向かうプリキュア達の等身大の格好良さが光った楽曲です。

映画では、絶望的な状況にいたはなが「フレフレ、私!!」と自分を奮い立たせ、もう一度立ち上がるシーンに使われています。

赤ちゃん状態の仲間達を守るためキュアブラックとキュアホワイトと連携して、ミデンに全力でぶつかるキュアエールの格好良さに惚れ惚れ。

次々繰り出されるアクションとともに胸の奥が熱くなれますよ。

迫力満点のアクションを彩る最強の挿入歌です。

プリキュア達があなたを笑顔いっぱいに!


画像引用元 (Amazon)

「女の子だって暴れたい」がコンセプトの『ふたりはプリキュア』。

そのコンセプトは15年以上経った今もシリーズごとに受け継がれ、愛され続けてきました。

映画『HUGっと!プリキュアふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ』は、15周年の節目を彩る最高傑作。

懐かしさと感動に浸れるだけでなく、困っている人がいれば手を差し伸べる、本当の優しさを教えてくれます。

現在、シリーズ最新作『ヒーリングっどプリキュア』が放送中。

地球を病気から守るため戦うプリキュア達の活躍から目が離せません。

CS『キッズステーション』では毎週土曜日に『HUGっと!プリキュア』を再放送中。

映画『オールスターズメモリーズ』を見て気になった方は、ぜひ本編をご覧になってみてくださいね。

▲『映画プリキュアミラクルリープ みんなと不思議な1日』心のミラクルンライトで応援したいことを叫ぼうキャンペーン特別映像!

また『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』が公開予定です。

安心して映画館に行ける未来を信じて、過去のプリキュア映画やTVシリーズを見ながら過ごしましょう。

見たらきっとプリキュアがあなたを笑顔いっぱいにしてくれますよ。

TEXT Asakura Mika

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ