「鮭」の意外な美容効果。セブンの140円「サーモンバー」は見たら即買い

女子SPA!

2020/5/31 08:44

【ラクうま美人ごはん】

美容食こそ、もっと気軽に。

みなさんは、キレイを目指してどんな食事を心がけていますか? ヘルシーフードやスーパーフードも良いですが、値段が高かったり、手に入りづらかったり……。結果を出す前に継続が難しい場合ってありますよね。中でも「サーモン」は、アンチエイジング等に効果が期待されている「アスタキサンチン」や「DHA・EPA(脂に含まれる)」が豊富な美容魚。でも、意外と料理をするのが億劫だったりして、コンビニおにぎりくらいでしか付き合いが無いという方も少なくないでしょう。

そこで今回は、美容魚サーモンをもっと気軽に!「素敵なサーモンアイテム」を3つご紹介したいと思います。

◆①お手軽フィッシュサーモンバー(セブンイレブン)

→サラダチキンやプロテインバーの代わりに。ダイエット時のたんぱく質摂取に

まずはじめにご紹介するのが、サラダチキンに飽きた人やサラダサーモンが高くて手が出しにくい人にオススメな、ワンハンドなサーモンバーです。1本140円(税抜)という手頃感だけでなく、ノルウェー産アトランティックサーモンを81.5%使って限りなく無添加を目指して加工された商品。食べてみると見た目以上にサーモンのおいしさをナチュラルに堪能できるヘルシーバーなのです。もちろん高たんぱく質で、1本で10グラム弱のたんぱく質を摂取できるため、ダイエットや体作りにも適しています。現在エリア限定での試験販売とのことなので、見つけたら要チェック。私は朝ごはんの“最初”に必ず食べるようにしています。

◆②鮭とば

→お酒を飲みながら美容食が食べられる。噛むことで小顔も目指せる

続いてはおつまみとして愛されている「鮭とば」。そうです、お酒の席でも美容食が食べれてしまうというメリットが。また生のサーモンに比べて旨味がアップしていること、しっかり噛むことで咀嚼力を鍛えることができるのも魅力でしょう。ビーフジャーキーを食べるなら、断然、鮭とばです。

◆③鮭中骨缶詰

→1缶で2日分のカルシウムが含まれる。カルシウム不足やダイエット時の栄養補給に

最後にご紹介するのは、サバ缶の影に隠れつつも、確かな実力を持った鮭の缶詰です。“中骨”とは、さけの背骨のこと。3枚おろしをした時に、骨として残る部位だそうですが、よく見てみると、身も皮もちゃんとついているので、骨だけではないことがわかります。食べてみると、骨は柔らかく、箸などでも簡単にほぐすことができます。食べてみるとじんわり美味しくて、私は長い間食べ続けています。

他の鮭製品に比べて圧倒的に優位なのが、「カルシウム含有量」。1缶あたり1500mg前後含まれていて、サバ缶の約5倍、2日分のカルシウム量を摂取することができます。青魚ほどクセがなく、そのまま食べてもよし。サラダのトッピングやパスタ、スープの具材にも使いやすいので、はじめての方は安心してチャレンジしてみてくださいね。

<文、写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ