故キャメロン・ボイス“21歳誕生日”に届いたファンからの温かいメッセージに母が感涙

昨年7月にこの世を去った人気若手俳優キャメロン・ボイスの母リビーさんが、息子の死後に設立されたチャリティー団体「キャメロン・ボイス・ファンデーション」のInstagramを更新した。生きていれば今月28日に21歳の誕生日を迎えるはずだったキャメロン。彼の名を冠したチャリティーには、ファンからの寄付金や温かいメッセージが多数寄せられ、リビーさんは涙ぐみながら感謝の言葉を伝えた。

ディズニー・チャンネルのドラマ『ジェシー!』や『ディセンダント』などで人気を博した俳優キャメロン・ボイスが、持病のてんかんが引き起こした発作により20歳という若さでこの世を去ったのは昨年7月のことだった。前途有望だった俳優の若すぎる死には、アダム・サンドラーやミシェル・オバマ前大統領夫人、そして共演者や関係者が多数の追悼メッセージを寄せた。

キャメロンの死後、父ヴィクターさんと母リビーさんは生前銃暴力撲滅に向けて尽力していたキャメロンの遺志を引き継ぎ、「若者が暴力やネガティビティーではなく、アートやクリエティビティーによって自己を表現できる場を提供し、よりポジティブな社会へと変えていく」目的で、チャリティー団体「キャメロン・ボイス・ファンデーション」を設立した。

設立以来、アートプログラムへの寄付をはじめ様々な活動を続けている同団体は今月24日、28日に21歳の誕生日を迎えるはずだったキャメロンを称え、銃暴力の撲滅とてんかんのリサーチ活動に向けて5万ドル(約540万円)の寄付を呼びかけるキャンペーンを実施した。誕生日の前日27日にはキャメロンの母リビーさんが短い動画を公開し、時々涙をこらえながら次のように感謝の気持ちを語っている。

「私は今、皆さんからの寄付金とそこに記されたメッセージに目を通させていただいているところです。素晴らしい言葉の数々、そして息子がどれだけ皆さんに愛されていたかを知り、ただただ驚くばかりです。」

「この場を借りて、私から皆さんに感謝の気持ちを伝えさせてください。キャメロンの死を決して無駄にしないよう、皆さんからの寄付金は大切に、そして有益なプロジェクトへとあてさせていただきます。ありがとうございました。」

また『ディセンダント』で共演した女優ダヴ・キャメロンは、限定Tシャツを販売しその収益を「キャメロン・ボイス・ファンデーション」の活動支援にあてることを発表、

「会いたいと毎日思い出す友人のチャリティーをこうしてサポートできることを、心から誇りに思います。」

と『People.com』に話している。同団体のInstagramによれば、24日から28日の間に4万5000ドル(約480万円)の寄付金が集まったということだ。

生前には「誰かの人生にポジティブな変化をもたらすことは、自分自身の人生をよりよいものにすることに繋がる」として、大切なのは物質的な豊かさではなく、この世を去る時にどれだけのものを残せるかであり、それは「生前の自身を超えるものであるべきだ」と語っていたキャメロン・ボイス。家族や友人、多数のファンが自身の遺志を継いでくれていることを知り、天国で誇らしい気持ちで過ごしていることだろう。



画像は『The Cameron Boyce Foundation 2020年5月28日付Instagram「Happy 21st Birthday Cam」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ