斉藤壮馬vs西山宏太朗 勝負よりキュートなお尻が… 内田雄馬の手紙で珍事も

dwango.jp news

2020/5/28 11:10


『アイドリッシュセブン』や『SSSS.GRIDMAN』『ハイキュー!!』など人気作での出演だけでなく、2015年には第9回声優アワードにて新人男優賞、2018年2019年と2年連続でのアニメージュアニメグランプリ声優部門グランプリ受賞、さらに同じく2019年には歌唱力でも『ヒプノシスマイク』として第13回声優アワード歌唱賞を受賞するなど、輝かしい実績を残す人気声優・斉藤壮馬。

そんな斉藤壮馬の冠番組“そま君”の通称で親しまれる番組『斉藤壮馬の和心を君に』(TOKYO MX)、第2期のDVD『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』(全4巻)発売を記念し、2月1日(土)ゆめぱれす 朝霞市民会館にて「『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』DVD発売記念イベント」が開催された。本記事では夜の部の模様をお届けする。

超満員の観客が待つ壇上へ斉藤が「ワタクシがやって参りました。よろしくお願いいたします」と登場。

番組ナレーターで斉藤とは大の仲良し、西山宏太朗との息の合ったコンビで届けられるこのイベント、昼の部では紹介しきれなかった“和装の後ろ姿”を公開するため、「いつもより多めに回っております」と斉藤が壇上でくるくると舞い踊る滑り出し。

さらには、伝統を受け継ぎつつも新しい解釈を取り入れた西山の羽織ったカーディガンを斉藤が後ろから脱がし、隠れていた帯を御開帳というドキドキのサービスシーンまで!?

そしてイベントは斉藤壮馬vs西山宏太朗による3番勝負企画に。

初戦は巨大達磨落とし。2人のキュートなお尻が見所となってしまい、勝負の行方はいつの間にか西山が勝利という展開に。

続く対決は「和心変換」。



例えば「ジェットコースター」という横文字であれば、「超高速車両」といった具合に漢字で表現してしまおうというコーナー。「ユーチューバー」というお題での和心変換では、西山が「大金持ち」、斉藤が「花江夏樹」としたため、「同じ意味だよね」とドローになるなどの接戦が続くものの、僅差で西山が勝利。

最後の勝負は「和心射的」。

3番勝負で既に西山が2勝していたため、最後の射的を外さなければ斉藤の勝利というドキドキの展開となったのだが…。惜しくも射的の弾は的の上部をかすめ、西山の勝利が確定となった。

そして、いよいよイベントもエンディングを迎えるわけだが、ここに来て重大発表が!?なんと、『斉藤壮馬の和心を君に』特別編の制作と発売が決定!まだまだ内容は未定の完全撮り下ろし作品とのことで、要望もドシドシ募集中とのこと。



さらには今回のイベント「『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』DVD発売記念イベント」がまさかのDVD化という発表もなされ、斉藤からは「永久機関みたい!」との言葉が飛び出すなど、終始大きな笑いに包まれるイベントとなった。

(C)oreiya (C)somakimi

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ