産後、ボロボロ状態だった私…そんなとき強い味方になってくれた「お義母さん」の話【ぽこちゃんです&どんちゃんです Vol.10】

みなさま、本日も足を運んでくださりありがとうございます。

いつも“足を運んでくださりありがとうございます”って書いてるんですけど、足じゃなくてどっちかっていうと指じゃない? ってちょっと思ったmochiko.です。

おかえげさまで連載10回目です! みなさま本当にいつもありがとうございます。

本日は私とお義母さんについて少し書こうと思います。

■友人はお義母さんとバトルしてほしかったのか!?

結婚してからときどき友人に「お義母さんと仲っていいの?」と聞かれることがありました。

しかし、そのときは数か月に1度、義母宅に行き、数日宿泊してから帰る、というのを繰り返していて、仲がいいとか悪いとか、そういう判断になる材料が非常に少なく、「正直なんともいえない…」と答えることが多かったんです。

そう答えると、友人から「漫画みたいに嫁姑の壮絶なバトル! みたいなのないの?」と聞かれました。

その友人は私にお義母さんとバトルしてほしかったんだろうか?

現在もバトルするようなことはありません。

お義母さんといえば思い出すのは…

■息子を出産して不安だったとき、お義母さんがきてくれた
息子を出産して不安だったとき、お義母さんがきてくれた
息子を出産した際、お義母さんはわざわざ遠方から私の地元まできてくれました。

実は産院時代の息子、一度スイッチが入るともうとにかく泣き止まない男で、泣くことにすべての体力を使い果たしてしまって、授乳の時間に起きられず、母乳もミルクも眠くて飲めない…というのがずっと続いておりました。

おかげさまで吸われぬ私の乳はだんだん張りも少なくなり、私は泣き叫ぶ息子の相手ですでに睡眠不足に。

毎日、助産師さんに母乳の出や、息子の体重の増え具合をチェックしてもらうのですが、「このままだとどちらもよくない」とはっきり言われました。

産後のメンタルというのは不思議なもので、「このまま泣きすぎて息子がどうにかなってしまったら…」とか「母乳もミルクも飲めないまま息子が干からびてしまったら…」とかそういうことばかり考えてしまい、誰が見ても私はボロボロ状態でした。

■マジ最高なお義母さんの励ましに勇気づけられた
マジ最高なお義母さんの励ましに勇気づけられた
これからも仲良くしていけたらすごくいいなぁと思っています
そんな時に「1から10まで真正面から全部受け止める必要はない」というお義母さんの励ましに勇気づけられました。

「泣いたらおっぱいあげとけば大丈夫! とにかくおむつかえておっぱいあげておけばいいの。おっぱいつらかったらミルクあげたって何も悪いことじゃない! お母さんに元気がなくなるのが一番問題なのよ」と言われ、自分も息子もお互いに気を張っていたんだなぁ、と確信。

ちなみにその様子を見ていた助産師さんに「お義母さん最高すぎます…!」って言われてたお義母さん…マジ最高です!!

いまでは、帰省した際に私がつい娘にかかりきりになると、私と同じくらいの勢いで息子をかわいがってくれます。こんなステキなお義母さんと、これからも仲良くしていきたいです。

(mochiko.)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ