アニメ・声優・ゲームに特化した配信プラットフォーム「PLATTO」スタート 声優・2.5 次元俳優による朗読劇出演者ラインナップ第1弾発表

SPICE

2020/5/26 12:00



2020年5月26日(火)アニメ声優・ゲームなどのサブカルチャーに特化した配信プラットフォーム「PLATTO(ぷらっと)」が設立された。

6月6日(土)からPLATTO 朗読劇がスタートし、「PLATTO」のシステムを使い、リモート配信環境でもハイクオリティな新しい朗読劇が届けられる。また、実力人気共に高い声優・俳優の参加に加え、豪華作家陣によるオリジナル脚本によりコンテンツとしての充実も図るとのことだ。

このたび出演者のラインナップの第一弾が発表された。詳細は後日公式ホームページで発表される。

出演者ラインナップ・声優


逢田梨香子、佐藤拓也、芝崎典子、高塚智人、寺島惇太、鳥海浩輔、生天目仁美、畠中祐、藤田茜、本渡楓、松岡禎丞、山下大輝

出演者ラインナップ・俳優


加藤将、小南光司、一ノ瀬竜、阿部快征

逢田梨香子
逢田梨香子

佐藤拓也
佐藤拓也

高塚智人
高塚智人

寺島惇太
寺島惇太

鳥海浩輔
鳥海浩輔

生天目仁美
生天目仁美

畠中祐
畠中祐

藤田茜
藤田茜

本渡楓
本渡楓

松岡禎丞
松岡禎丞

山下大輝
山下大輝

阿部快征
阿部快征

参加作家

●アサウラ


北海道出身の小説家。
第5回スーパーダッシュ小説新人賞で大賞となった『黄色い花の紅』で2006年デビュー。その後、『ベン・トー』シリーズがヒット作となり、コミック化&アニメ化を果たした。近刊は『サバゲにGO!』シリーズ、『道‐MEN 北海道を喰いに来た乙女』など。

●入江君人


小説家。第21回ファンタジア大賞の大賞に選ばれた応募作を改題した『神様のいない日曜日』にて2010年にデビュー。同作はコミックやアニメでも展開されるヒット作となった。他の著作は『王女コクランと願いの悪魔』など。

●川岸殴魚


小説家。第3回小学館ライトノベル大賞にて審査員特別賞を受賞した『邪神大沼』にて、2009年にデビュー。続くシリーズ『人生』にてコミック化及びアニメ化も果たす。他の著作は『勇者と勇者と勇者と勇者』、『編集長殺し』など。

●柊平ハルモ


小説家/漫画原作者/シナリオライター。別名義にこなつ葉月。2002年に『医学教室の密やかな夜』でデビュー。BL、TL、ライトノベル、一般文芸など様々なジャンルで活躍するほか、国内外向けのゲームシナリオや漫画原作等も手掛けている。最近の仕事は、柊平ハルモ名義で『翠玉姫演義』シリーズなど、こなつ葉月名義で『DIABOLIK LOVERS CHAOS LINEAGE』(シナリオ)、音楽朗読劇クラシカル・クロニクル(脚本)など。

●小竹清彦


軽妙洒脱な会話劇に定評のある小説家。神奈川県出身。2015年に『アップルジャック』でデビュー。その後も『Wizard』、『バー・コントレイルの相談事』、『その答えは楽譜の中に』などの著作を刊行している。

●佐々木禎子


北海道出身の小説家。雑誌JUNEに掲載された『野菜畑で会うならば』でデビュー。以降、BL、ホラー、一般文芸、児童文学、ライトノベルなど幅広いジャンルで活躍。近刊は『札幌あやかしスープカレー』、『暁花薬殿物語』、『あやかし温泉郷 龍神様のお嫁さん…のはずですが!?』など。

●更伊俊介


千葉県某大学の工学部卒の『更』と文学部卒『伊』による二人組の作家/漫画原作者。2011年に、第12回エンターブレインえんため大賞小説部門優秀賞を受賞した『犬とハサミは使いよう』でデビュー。同作はコミック化、アニメ化もされた。他の代表作は『吾輩はモブである』、『坂本先生は逃げ出したい!』など。

●日向夏


小説家。2011年から小説投稿サイト「小説家になろう」に連載していた『薬屋のひとりごと』が人気を博し、書籍化。シリーズ累計650万部を超えるヒット作となり、ビッグガンガンコミック版は、『次にくるマンガ大賞 2019』の「コミックス部門」第1位に選ばれた。その他著作は『なぞとき遺跡発掘部』シリーズ、『繰り巫女あやかし夜噺』シリーズ、『カロリーは引いてください』など。

●深見真


小説家/漫画原作者/脚本家。『ブロークン・フィスト』にて2002年にて作家デビュー。以降、多数の作品を刊行。また2012年にはオリジナルTVアニメ『PSYCHO-PASS』で脚本家としても脚光を集める。主なアニメ脚本/シリーズ構成担当作は『ベルセルク』、『revisions リヴィジョンズ』、『バイオハザード: ヴェンデッタ』、『魔法少女特殊戦あすか』(自身が漫画原作も担当)など。

●丸戸史明


愛知県出身のシナリオライター/小説家。ゲーム『パルフェ ~ショコラ second brew~』で脚光を浴び、2010年に発表した『WHITE ALBUM2』が大ヒット。その後、2012年に『冴えない彼女の育てかた』で小説家デビュー。大ヒットとなり、コミック化、2度のTVアニメ化を経て、2019年に劇場アニメ化を果たす。その他、脚本・シリーズ構成を担当したアニメは、『Classroom☆Crisis』、『みるタイツ』など。

●みかみてれん


宮城県出身の小説家/漫画原作者。2014年に小説投稿サイト「小説家になろう」に掲載していた作品を書籍化した『勇者イサギの魔王譚』で作家デビュー。代表作に『女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話』、『おとめバレ』など。また、原案・執筆を務める『私のシスター・ラビリンス』が電撃G’s magazineにて連載中。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ