亀梨和也『事故物件 恐い間取り』モザイク入り特報解禁 奈緒&瀬戸康史ら追加キャストも発表

クランクイン!

2020/5/26 07:00

 KAT‐TUNの亀梨和也が主演を務める映画『事故物件 恐い間取り』より、ティザービジュアルと特報が解禁された。さらに、奈緒&瀬戸康史ら18名の追加キャストも発表された。

本作は、殺人・自殺・火災による死亡事故などがあった“いわくつき”の部屋「事故物件」に住み続ける芸人・松原タニシの実体験による著書『事故物件怪談 恐い間取り』を実写化したホラー作品。

物語は、売れない芸人・山野ヤマメがプロデューサーから「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むところから始まる。1軒目の部屋で撮影された映像の中には白い“何か”が映っていたり、音声が乱れたり…。番組は盛り上がり、ネタ欲しさに事故物件を転々としていくヤマメを待つ“最恐”の事故物件とは…。メガホンを取るのは、『リング』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫監督。

ティザービジュアルは、部屋の中でカメラを回していたヤマメ(亀梨)が“あるモノ”を見つけてしまい、恐怖のあまりカメラを取り落として床にへたり込む姿とともに、「殺人・自殺・火災による死亡事故等があったいわくつきの部屋に1人の芸人が住んでみた、実話。」という本作を表したコピーが全面に入ったインパクトのあるビジュアルとなっている。

特報では、ヤマメがプロデューサーから「ジブン、そこ住んだらええやんか」と無茶ぶりされ、相方の中井大佐にも「おまえやったらやれるって」とそそのかされて、いかにも“何か”が出てきそうないわくつきの部屋“事故物件“に住み始め、初日の夜を迎える様子が描かれている。部屋にカメラをセッティングし、撮影を進めるとそこに映っていたものとは…。最後はモザイクの入った映像に「実話 ※閲覧注意※」の文字が大きく浮かび上がる。

併せて、ヤマメをひそかに応援するメイクアシスタント・小坂梓役を奈緒、お笑いコンビ・ジョナサンズのヤマメの相方・中井大佐役を瀬戸康史がそれぞれ演じることも発表された。

このほか、ヤマメに事故物件に住むことを提案する制作会社プロデューサー・松尾役を木下ほうか、ヤマメに事故物件を紹介する不動産屋・横水役を江口のりこ、梓のヘアメイクの先輩・カオリ役をMEGUMI、制作会社AP・下中役を真魚、番組の放送作家・熊谷役を瀧川英次、人気お笑いコンビ・肉戦車を加藤諒と坂口涼太郎、ヤマメのマネジャー・佐々木役を中田クルミ、ベテラン女芸人・ヒミコ役をバービー、定食屋店主役を宇野祥平、怪しい宮司・伊崎役を高田純次、心霊研究家・篠崎役を小手伸也が演じる。さらに有野晋哉、濱口優、団長安田、クロちゃんをはじめとした松竹芸能の芸人が多数出演する。

また音楽は「コンフィデンスマンJP」などを手がけたfox capture planが務める。

映画『事故物件 恐い間取り』は8月28日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ